戸塚 ヤギ。 川沿いを散歩するヤギ :: デイリーポータルZ

【悲報】戸塚のヤギが姿を消す|明学LIFE

戸塚 ヤギ

放送日:2014年12月7日(日)18:00-18:55• 「自分の街のことは、誰かに頼らず自分で責任を持とうと思ったんです」 片山さんは、生き物や命と触れあうことで、子どもたちの生活に命(死)を身近に感じてもらい、街を巻き込んでコミュニケーションを取れる環境を作ろうと、メイちゃんの飼育を始めたそうだ。 片山さんは先ほどと同じように声をかけキャベツを手渡す。 小屋は同駅下りホームの目と鼻の先。 丸くてゆらゆらするもの、小ぶりで色ヤデザイン(ギザギザ)が違うもの、ゾウさん型のものなど。 今度は、戸塚駅東口を歩きます。 境内で栽培した紫蘇のサイダーがいただけます。 「触っても大丈夫ですか?」 女の子はキャベツを食べる様子を興味津々に眺め、そっとメイちゃんの体に触れると、「かわいい・・・」と笑顔になる。

次の

『戸塚駅前のヤギ小屋』戸塚・いずみ野・港南台(神奈川県)の旅行記・ブログ by ドクターキムルさん【フォートラベル】

戸塚 ヤギ

仕方がないので、ホームの椅子のある場所に移動して椅子に腰かけて逗子行きの電車を待つ。 そこで、メイちゃんの散歩に同行させてもらうことにした。 「ぼくの中ではマス寿司です。 だからこそ、こういう地域のつながりを大切にしたいと思うよ」と話してくれた。 蒲田で創業したオークラ陶器は、赤坂御用邸にも納品をしています。

次の

『戸塚駅前のヤギ小屋』戸塚・いずみ野・港南台(神奈川県)の旅行記・ブログ by ドクターキムルさん【フォートラベル】

戸塚 ヤギ

そして現在は、片山さんの想いに共感してくれる協力者が共に飼育の手伝いをしてくれているという。 なにこの子、めっちゃかわええ~。 また、神奈川治水事務所(柏尾川管理者)と戸塚土木事務所に雑草を食べさせても良いと許可をもらっているので、お散歩中のお食事も問題ないそうだ。 メイを通して学ぶことがたくさんある。 お孫さんがメイの嫌がっていることをしても注意しないおばあちゃんとかね。

次の

JR戸塚駅の線路沿いにヤギが出現!? 会いに行けるアイドル「メイ」ちゃん

戸塚 ヤギ

現在の住職さんが、東日本大震災をきっかけに、環境にやさしい茅葺にかえました。 絵は、伝統的な柄だけでなく、かわいらしいデザインのものも作っています。 戸塚でヤギを飼育することとなった経緯について片山さんは、「約2年前、当時15歳だった少年による痛ましい事件が戸塚で起こったんです。 (表紙写真は小屋の屋根に絡まっている蔓の葉を待つヤギ). まさか自分の生まれ育った街で、しかも自分の息子と同じ年齢の子どもがどうして・・・と悲しくて切なくて、とても残念でした。 「子どもに楽しんでほしい、命の大切さをしってほしい」とヤギの飼育をはじめたそう。

次の

『ヤギのモグモグタイム』戸塚・いずみ野・港南台(神奈川県)の旅行記・ブログ by ドクターキムルさん【フォートラベル】

戸塚 ヤギ

「あの有名な大倉陶園の工場なんだ」 工場の敷地内に、ファクトリショップがあります。 会って数秒で心を許してしまう人懐っこさだ。 中で作業をしているのは、町田久美子さん。 スーパーで余った野菜をもらってえさにしています。 「音にびっくりしないんですか?」 「ヤギは家畜歴が長いので、順応性が高い。 恐る恐るキャベツをメイちゃんに近付けていた メイちゃんがキャベツを食べる様子を見届けると、男子高校生は片山さんに軽く会釈してその場を去っていった。

次の

【待望!!】戸塚ヤギのTV出演が決定!|明学LIFE

戸塚 ヤギ

そのうちの1人はヤギ小屋の屋根まで覆っている蔓の葉をもいで下にいるヤギに与えている。 オークラホワイトという白も特徴です。 特集名:緑地保護の切り札?『ヤギ除草』• このホームの前にはヤギ小屋()があり、2頭のヤギが飼われている。 どうやらいつものことのようで、左側にいる人から餌を与えられていたのだが、1頭は小屋の中に入って行き、落ちてくる蔓の葉を食べているのだ。 メイちゃんスマイル 2017(平成29)年11月に福島県から戸塚へやって来たメイちゃんは、現在1歳の女の子だ。

次の

【悲報】戸塚のヤギが姿を消す|明学LIFE

戸塚 ヤギ

もう少し時間が経つとこの河川敷にも人が多くなる。 戸塚でヤギを飼育することとなった経緯について片山さんは、「約2年前、当時15歳だった少年による痛ましい事件が戸塚で起こったんです。 しかし、この度除草の任務を終え、故郷に帰ってしまうことに。 普通だったら関わることのなさそうな人も、メイがいると笑顔で寄ってくるからね」と、片山さんは嬉しそうに話す。 なにこの子、めっちゃかわええ~。

次の