上海 の 芥川 龍之介。 NHKドラマ「ストレンジャー~上海の芥川龍之介~」感想・あらすじ・キャスト・原作

芥川龍之介の上海を歩く 下

上海 の 芥川 龍之介

「サイゴ」とは何の意味かと思うと、これは日本の軍人たちが、日露戦争に出征中、支那の女をつかまえては、近所の 高粱 ( カオリャン )の畑か何かへ、「さあ行こう」と云ったのが、 濫觴 ( らんしょう )だろうと云う事です。 こは必しも悲しむべきにあらず。 一声長歎 ( いっせいちょうたんす )。 の伝記にも言及し「みずからを神としたい欲望」についても記している。 四十起氏の帰りを待っている子供たちの事なぞを考えながら。

次の

ストレンジャー上海の芥川龍之介の再放送は?もう一度見るには?

上海 の 芥川 龍之介

私はこんな欲張りに売られる、美しい薔薇が気の毒になった。 その証拠には 蓋叫天 ( がいきゅうてん )が、 宛然 ( さながら )日本の車屋のような、パッチばきの武松に扮するのを見ても、無暗に刀を 揮 ( ふる )う時より、何かの拍子に無言の儘、じろりと相手を見る時の方が、どの位行者武松らしい、 凄味 ( すごみ )に富んでいるかわからない。 善かれ 悪 ( あし )かれ西洋を見るのは、面白い事に違いないじゃないか? 唯此処の西洋は本場を見ない僕の眼にも、やはり場違いのような気がするのだ。 年月が経ち、彼らの名は日本の文壇や芸術界を席巻した。 だが格別日本よりも、進歩しているとは思わないね。 こんな事を考えた後、私は又四十起氏と一しょに、廟の前へ店を出した、いろいろな露店を見物した。 麦畑の中に花崗石の十字架あり。

次の

上海の芥川龍之介――幻想の破滅

上海 の 芥川 龍之介

それでさえ時々は夜明け前に、眼がさめてしまうのには辟易した。 『』『』といった児童向けの作品も書いている。 20日(日) 持ち越した感冒がぶり返して三九度の熱に苦しみ、静養のため大阪で途中下車する。 小有天にいた花宝玉が、もう此処にいるのも不思議はない。 紅茶の御馳走になった後、我々は氏に案内されて、家の後にある広庭へ出て見た。 胡適との問題などについて語り合いなどを行い、7月帰国。 するとまっさきに下りた村田君が、馭者に何文だか 銭 ( ぜに )をやった。

次の

NHKストレンジャー~上海の芥川龍之介~原作や内容のネタバレは?

上海 の 芥川 龍之介

それが何だか私には、 怪 ( け )しからんような気を起させた。 もうわかったよ。 必 ( かならず )一月といる内には、妙に政治を論じたい気がして来る。 「これがあの 林黛玉 ( りんたいぎょく )です。 突兀 ( とっこつ )と聳えた額なども、瘤ではないかと思う位である。 11月になると 第二短編集『煙草と悪魔』も刊行しました。 それから少し先へ行くと、盲目の老乞食が坐っていた。

次の

ストレンジャー〜上海の芥川龍之介〜

上海 の 芥川 龍之介

私は彼に、 玉堂春 ( ぎょくどうしゅん )は面白かったと云う意味を伝えた。 外部リンク [ ]• 1919年(大正8年)長崎滞在中の写真。 だが、当時の中国は辛亥革命により清が倒れ、中華民国が成立して10年が経つものの、依然として動乱のさなかだった。 いや、まだある。 これだけは至極便利である。

次の

NHKドラマ「ストレンジャー~上海の芥川龍之介~」感想・あらすじ・キャスト・原作

上海 の 芥川 龍之介

それが電燈の光の中に、恐るべき埃を浴びながら、往ったり来たりしている容子は 殆 ( ほとんど )百鬼夜行の図だった。 馬車を下りた我々は、すぐに又細い横町へ曲った。 彼等さえ一度は赤化しても必ず何時かはその主張を 抛 ( なげう )つ時が来るであろう。 画の題は勿論「上海」である。 これはこんな大通りの料理屋に見るべき姿じゃない。 <同文書院> 有名な東亜同文書院です。

次の