オーストリア gp 2019。 オーストリアグランプリ

ホンダ

オーストリア gp 2019

835 1:03. autosport web 2019年7月1日. 213 3 20 F. 04 土 22:00 決勝 2020年07. これで2連覇もないかと思われたが、その後怒涛の追い上げでゴール目前にトップ奪取に成功、2年連続で劇的優勝を遂げた。 ESPN F1 2019年7月3日. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 5. 2019年7月1日閲覧。 だが、そこから追い上げた。 autosport web 2019年6月28日. 3秒差まで近づいたものの、仕掛けるまでには詰め切れず、そのまま5位でチェッカーを受けた。 これでライバルたちのためにドアを開けてしまい、その間に大勢に抜かれてしまったのです。 さらにパワーユニットサプライヤーのホンダにとっては、2006年ハンガリーGP以来となる13年ぶりの勝利となった。 にで、からまではで行われ、一時休止していたがコースを改修してからまでで行われた。

次の

ホンダ

オーストリア gp 2019

Red Bull創業者の一人である マテシッツ氏は、Aston Martin Red Bull RacingとToro Rossoを通じて、F1というスポーツへ多くのリソースを投じてくれていますから、ホームグランプリ2年連続優勝には大きな意味があると思います。 autosport web 2019年6月25日. 特に第2スティントでの4番手からの追い上げは圧巻。 この戦略では、なかなかポジションを上げられない状態が続きます。 エンジン ICE 、ターボチャージャー TC 、MGU-Hは最大3基、MGU-K、エナジーストア ES 、コントロールエレクトロニクス CE は最大2基。 金曜の走り出しから、今回準備したセッティングとタイヤがうまくマッチし、上位入賞に向けた手応えを感じながら臨んだ決勝レース、クアルタラロ、ロッシ、ビニャーレスの各選手は、序盤はトップグループを走行。 私たちにとって今回のレースはトライアル・ランであり、これからまたハードワークを続けてスピードアップを追求していきます。

次の

オーストリアグランプリ

オーストリア gp 2019

かなりの接近戦になりましたが、もしあのようなバトルができないのなら、家にいた方がましだと思います。 これからも引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします」 田辺豊治 (ホンダF1 テクニカルディレクター) 「まず最初に、昼夜を問わず懸命にPU開発を続けてくれた、HRD-Sakura、HRD-MKの仲間たち、そしてそれを支えてくれた家族に、『やったよ!ありがとう!』と伝えたいです。 450 1:04. com 2019年6月29日. 719秒差の4位でチェッカーを受けた。 2019年のF1世界選手権 第9戦 オーストリアGPの決勝が6月30日(日)にレッドブル・リンクで行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝。 このようなかたちでレースが終わり、インフォメーションも集めることができず残念です。 2019年7月2日閲覧。

次の

ホンダ

オーストリア gp 2019

記録 は開幕から8連勝中、通算で10連勝中だが 、本レースでも勝利を挙げた場合、がの開幕戦から第11戦で挙げた11連勝に並ぶタイ記録となる。 ホンダは2006年のハンガリーGP以来13年ぶりの優勝を飾った。 このうち、はタイヤを使用する14台がフォーメーションラップで全車リタイアし、タイヤを使用した6台による全車完走であり、と2018年中国GPはリタイアした1台が完走扱いとなったことによるものであるため、厳密には以来6回目となる。 チームメイトのM・ビニャーレスは序盤でやや遅れたものの懸命の挽回で取り返し、ロッシに続く5位でチェッカーを受けている。 もっと結果を出したいですし、僕にはそれができるはずですから、取り組み続けていきます」 クリスチャン・ホーナー Aston Martin Red Bull Racingチーム代表 「今日のマックスのパフォーマンスは驚異的でした。 3位にはメルセデスのバルテリ・ボッタスが入った。

次の

F1オーストリアGP/2020年フォーミュラ1世界選手権グランプリ特集

オーストリア gp 2019

チーム No. トップタイムはの1分05秒086で、クラッシュを喫したボッタスが2番手、ガスリーが3番手に食い込んだ。 第2戦バーレーンGP同様、あと少しで初優勝を逃したルクレールは、フェルスタッペンの抜き方に納得がいかず、2位で表彰台に上がるも笑顔はなし。 2019年オーストリアGP結果• 601 19 16 11 - 1:04. 予選ではフェラーリ、メルセデスに次ぐ3番手タイムを記録し、さらにルイス・ハミルトンの降格ペナルティーにより、ポールシッターのルクレールに次ぐ2番グリッドを獲得。 山間部にあるサーキットは、標高が700m以上あり空気が薄い、高速サーキットのためパワーユニットの差や空力性能の差が出やすくなります。 まだまだここから、さらに戦闘力を上げて戦っていきます」 マックス・フェルスタッペン (レッドブル・ホンダ) 「最高のレースができましたし、チームに2度目のホームGP優勝を届けられてうれしいです。 最終コーナーはかなりスライドして、うまく走ることができませんでした。

次の

F1オーストリアGP/2020年フォーミュラ1世界選手権グランプリ特集

オーストリア gp 2019

さらにハミルトンは、Q1でに対して進路を妨害したため、3グリッド降格ペナルティと2シーズンぶりのペナルティポイント加点処分が科された。 084 1:03. 2019年6月29日閲覧。 807 1:03. 順位とタイム Pos No Driver Team Time Gap Laps 1 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:05. 2019年6月29日閲覧。 アレクサンダー・アルボンは、ミディアムタイヤでスタートし、35周目にタイヤ交換を行うと、その後はチェッカーまでランス・ストロール レーシングポイント の追い上げに費やし、15位となった。 次こそは、彼らに加わって優勝争いを展開したいと思っています」 F・モルビデリ選手談(10位) 「今週はずっと苦戦が続きました。 2019年7月1日閲覧。 2019年7月1日閲覧。

次の

ロードレース世界選手権 MotoGP(モトGP)

オーストリア gp 2019

F1グランプリ第9戦オーストリアGPの決勝レースが6月30日、レッドブル・リンクで行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが残り3周でトップに立ち今季初優勝。 それは、2015年春の鈴鹿サーキット モータースポーツ感謝デーで歴代のホンダのF1マシンが展示したところでの説明と講演でも、理由を添えて述べていた。 ホンダとしてのF1での優勝は、2006年ハンガリーGPでのジェンソン・バトンによるものから13年ぶりでもあった。 先述のように、マクラーレン・ホンダという昔の栄光の名による過大な期待とそれとは裏腹な現実のギャップの大きさに、新井氏は批判の矢面に立たされてしまった。 昨年はレッドブル・ホンダのフェルスタッペンが大逆転勝利、ホンダに2015年復帰後、初の優勝をもたらした。 レース後、正式に勝利が決まるまで少し待たなければなりませんでしたが、スチュワードは正しい判断をしてくれました。 ハミルトンの前、4番手でコースへと送り出し、見事オーバーカット戦略を成功させた。

次の

F1オーストリアGP/2020年フォーミュラ1世界選手権グランプリ特集

オーストリア gp 2019

今日のレースはいい勉強になると思っていました。 残り3周で首位に躍り出ると、チェッカーまでリードを保ち、Honda にとってはF1復帰後初、さらにRed Bullとの提携後の初優勝を果たしました。 259秒差で予選2位だったハミルトンは、Q1でキミ・ライコネンをブロックしたとして3グリッド降格。 これにより2度目の赤旗中断となり、7分間の中断の後再開され、その3分後にベッテルが最終コーナーでフェルスタッペンと同じようにコースを飛び出すが、バリア直前で辛うじて止まって3人目のアクシデントは回避し、コースへ復帰していった。 だが、ホンダはF1から離れると組織を解体してしまいがちだった。 とても勇気ある決断だと思えた。

次の