俺 ガイル ss 修羅場。 SSまとめるー : 俺ガイル

「やはり俺の部員たちと後輩は修羅場すぎる」

俺 ガイル ss 修羅場

だが目が死んでいても提督である八幡の方がやばいので周りは特に気にしていない様子。 あいつの尻どうなってるんだろう。 27 ガチャ 八幡 「すまん。 189• 用があるなら私が聞くわ。 この話はこれで終わりな。

次の

『俺ガイル』三浦優美子[あーし]がヒロインなおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺 ガイル ss 修羅場

最強なのに様々な理由で艦娘にボロボロにされる。 ……あれ。 83 八幡 おい!何でそれ言っちゃうわけ?空気読めよ 折本 「ちゅ、中学の時の話だからね!?」 いろは 「へぇ~。 SSの読み過ぎてあーしさんがヒロインに思えてきた凡夫です。 まぁ色んな奴と遊んでそうだしな。 」 少し涙目になっている。

次の

【俺ガイル・材木座SS】比企谷八幡「ヒロインがダメ」

俺 ガイル ss 修羅場

そして「がはま」に笑ってしまいました。 冷蔵庫を開け、見渡すと違和感に気付き、小町に呼びかける。 遊園地に遊びに行って二人で観覧車に乗ったら・・・雪乃のデレが好きな人におすすめ。 というか、ほとんどの童話で、白雪姫は黒髪の少女として描かれているのではないだろうか。 」 雪ノ下は頭を抱えている。

次の

【俺ガイル×艦これSS】八幡「艦娘?」不知火「はい」

俺 ガイル ss 修羅場

たとえ、この三人なら勘違いでも構わない。 続編: 社会人の八雪もの。 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を知っている方は2倍楽しめます。 」 「お、おう。 俺は湯船に浸かりながら天井を見上げる。 主に過激なスキンシップが原因。

次の

【俺ガイル】一色いろは・八色おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

俺 ガイル ss 修羅場

ねえ、僕も今度八幡の家に泊まりに行って良い?」 戸塚、上目遣いでお願いするのはやめてくれ。 断る気も無いが。 」 八幡 そのあと、雪ノ下と一緒にウィンドウショッピングをして楽しんだ。 俺ガイル要素はキャラ以外はほぼないのですが、雪ノ下が可愛いのでオールオッケーという感じです。 ストーカー被害に遭い、奉仕部へと駆け込むいろは。 気づきますか? お泊りというSSでは割と見られるネタですが、学校では奉仕部がある以上、いろはと距離を詰めるためには最も有効なのは間違いありません。

次の

旧 SSナビ(移転しました) : 俺の彼女とクラスメイトが修羅場すぎる。【俺ガイル】

俺 ガイル ss 修羅場

私も手伝ってあげよう」フンス 女子A 「いや何で上から?かおりは良い?」 折本 「私は別に良いけど」 女子A 「よし!じゃあ決まりだね」 仲町 「それならこの前行ったショップにしよ?でもライバルが3人も居るから競争率高そう」 女子A 「だよね」 仲町 「でもかおりが一番リードしてるんじゃない?だって中学ん時に告られたんでしょ?」 女子A 「え!?そうだったの!?」 折本 「じ、実はそうなんだ」アハハ 女子A 「え?じゃあ昨日、結構空気読めてない質問しちゃったね。 「お、落ち着け由比ヶ浜!俺h 「せ、せせ先輩!わ、私の唇だって負けてませんよ!?」 「ひ、ひ、比企谷君!私だって、その、あの、唇が...... 割と声は大きい。 」 白雪姫役が赤の他人であれば、依頼だと思って、練習に付き合うことにも納得できたのだ。 午後9時。 こんな修羅場に巻き込まれるだなんて・・・。

次の

【俺ガイル・材木座SS】比企谷八幡「ヒロインがダメ」

俺 ガイル ss 修羅場

こんにちは。 「演劇部の中から、誰か演じたい奴はいないのか?」 演劇部員に声をかけると。 次はどんな本にしよっかな?…ん?あれは… 折本 「あれ?比企谷じゃん!」 折本 「やっほー!」フリフリ 八幡 「折本」 折本 「休日に会うなんてレア体験だね。 八幡と雪乃はすでに結婚している、という設定。 」 由比ヶ浜「ていうか、愛してるって言ったとしても彼氏になったわけではないよね?」 雪ノ下「それは…」 由比ヶ浜「ということで、日曜日にデートしようね!」 八幡「ハァー、分かったよ…」 由比ヶ浜「やったー!」 日曜日 由比ヶ浜「遅れてごめーん!」タッタッタ 八幡「いや、別に待ってねーからいいけど…」 由比ヶ浜「ほんとゴメン!」 八幡「いや、だからいいって…」 由比ヶ浜「そういえばヒッキー、学校でゆきのんとヒッキーのこと噂になってたよ。 誰だよ・・・と思って確認すると相手は由比ヶ浜。 どっちかというとコメディですかね。

次の

SSまとめるー : 俺ガイル

俺 ガイル ss 修羅場

「頑張って家に帰して頂戴・・・。 じゃあ、麺系で。 「由比ヶ浜」 「ん?」 「帰れ。 「あの・・・入るわよ?」 そんなことを考えていたら雪ノ下が入ってきた。 じゃあ行くか。

次の