外壁 塗装 の 種類。 【外壁塗装の基礎知識】工事方法や塗料の種類・特徴・選び方を解説!

【外壁塗装】塗料知識を全公開!種類・特徴・価格・耐用年数・選び方

外壁 塗装 の 種類

各塗料での費用相場 塗料の費用がどのくらいかかるのか知っておけば、予算を立てる目安にもなるため、建坪別で塗料の費用相場を見てみましょう。 ・費用対効果の高い塗料を選びたい。 塗料のグレード分けの注意点 塗料はこの図で考えてしまうと、いきなり【 樹脂の種類による分類】を考えることになりますが、 実はこの前に考えるべき、【 塗料のカテゴリーによる分類】を飛ばしているのです。 コスト・機能性・デザイン性など、他の外壁材と比較しても総合的に優れていて、 色柄も豊富、施工も比較的容易なのが人気の理由です。 メーカーのカタログに書いてあっても、実際に乗るとそこまで燃費が良くないという経験をしたことがある人も多いと思います…。 ・弾性添加剤を添加した塗料は性能が落ちることもある。 また、もう一つ注意したいのは、セラミックのイメージを利用して【耐熱性・耐候性・耐久性などに効果がある】と言っている営業マンやホームページ等の記載です。

次の

【はじめての外壁塗装】塗料の種類・選び方・塗り方の解説

外壁 塗装 の 種類

では、現在戸建て住宅の外壁塗装に使われている主な塗料のカテゴリー分けをいくつかご紹介しましょう。 そのため、シーリングが劣化している場合は、しっかりとした補修が必要です。 ) 雨が降れば、汚れを自分で落としてしまう機能を持っているのです。 これらの欠点は、通気工法の採用や、塗料の進化によってモルタルの欠点を補うことが可能になりました。 そのため、まずは外壁材の費用相場を把握し、予算圏内かつ目安価格帯の外壁材を選ぶようにしましょう。

次の

ペンキの種類と外壁塗装用塗料の違いについて

外壁 塗装 の 種類

外壁塗装の塗料「耐用年数ランキング」 外壁塗装するなら、耐用年数を重視したい! 耐用年数が長い塗料はこちらになります。 モルタルの扱いが得意でない業者に依頼すると 望み通りのデザインにならなかったり、耐用年数が縮む可能性もあります。 樹脂系サイディングは1平方メートルあたり3,400〜9,000円、耐用年数はこちらも30〜40年が目安です。 あくまで費用のランキングですので、安いから良いというわけではなく、家の状態や状況に応じて塗料を選択しましょう。 なぜならば、補修方法や使用する材料等は、外壁材の種類によって異なることが少なくないためです。

次の

外壁塗装では3つの種類を覚えておきたい!初心者が失敗しない為の情報

外壁 塗装 の 種類

そのため小さな面積に塗る場合や劣化しても問題ない室内小物の塗装には適していますが、屋外のエクステリア設備の塗装には向きません。 DIYは綺麗な仕上りにならない可能性も高くなります。 納得の色選びをするためには、「色選びの基本情報」を押さえておくことが重要です。 ホームセンター・家電量販店、訪問販売も同様です。 またモルタル自体のデザイン性は高いものの、職人の技術によって完成度は大きく左右されます。 漆喰の材質・特徴とは? 漆喰は、水酸化カルシウムを原料としています。

次の

外壁材の種類|選び方&オススメの外壁材、補修方法までプロが解説!

外壁 塗装 の 種類

メンテナンスは10年おきに目地の補修が必要。 屋根が無いビル系の建物や屋根があっても軒先の無い戸建て住宅 注意したいのは軒先が大きく出ている建物だと、雨が掛らず洗い流す効果が期待できないことです。 ご参考ください。 しかし、長く機能を保つためには、適切なメンテナンスが欠かせません。 ホームセンターや家電量販店などはハウスメーカーと同様にネームバリューがあり、安心感があります。 下塗り塗料の種類 特徴 シーラー プライマー ・下地 外壁仕上げ材など と中塗り・上塗り塗料との密着力を高める。 補修工事とは、撥水剤の塗布などを行う他、ひび割れ部分をシーリングと呼ばれる材料で埋める作業もあります。

次の

外壁塗装の種類は『塗料』『工法』『下地』の3つを把握しよう!|建築資材の検索なら建材ナビ

外壁 塗装 の 種類

詳しい外壁材の選び方は、をご覧ください。 詳しくは下記3-2を参照ください。 雨漏り修理• なぜなら値段が安い割には、高機能で耐久性が高い塗料だからです。 アクリル アクリル系塗料はアクリル樹脂が含まれています。 材質としてのタイルは 劣化に非常に強く、汚れにくいのが特徴です。 耐用年数が長いため、メンテナンスが少なくて済むのもメリットです。 3つの成分でできている 塗料は、主に顔料・樹脂・添加剤の成分で構成されています。

次の

【外壁塗装】塗料の種類・価格と選び方。失敗しないコツ

外壁 塗装 の 種類

こちらは基本的に「塗料」とは言わず「石材調仕上げ塗材」と呼び、別枠の材料として考えます。 塗装メンテナンスは1平方メートルあたり5,000〜12,000円が相場です。 火事になると他の外壁材よりも火の回りが早く、 延焼する危険性が高いでしょう。 1.ペンキは外壁の保護には使えない まず大前提として、ペンキには外壁を保護するほどの力はありません。 また、1液型・2液型の違いもあるため、価格や作業性、耐久性などを業者に確認して、適切な塗料を選びましょう。 モルタル壁の塗装ではひび割れを防ぐ効果を持つ特殊塗料「弾性塗料」や、やや伸縮するウレタン塗料などで塗装しておくと、壁に衝撃や負荷が加わっても塗料が連動して割れを防ごうとしてくれます。

次の