たま プラーザ やまぐち 眼科。 山口 大輔 院長|たまプラーザやまぐち眼科(たまプラーザ駅・眼科)|横浜ドクターズ

たまプラーザやまぐち眼科 / 眼科 / 新石川 / たまプラーザ駅

たま プラーザ やまぐち 眼科

白内障の手術はとても安全に行えるようになってきていますが、やはり、手術は手術ですので、合併症もごく稀ですが、起こる可能性はあります。 たまプラーザ やまぐち眼科 院長 山口大輔. 反面教師ですね。 白内障も単に水晶体の濁りを取るだけでなく、手術の後のよりよい見え方を目指し、多焦点眼内レンズや乱視矯正眼内レンズを必要に応じて積極的に取り入れたいと考えています。 木材を多く使用した待合室は広々としていて、まるでおしゃれなカフェにいるかのようだ。 (予約優先のためお待ちいただく場合がございます) ・視能訓練士(ORT)、視野検査、手術に関するご予約やご不明な点はお電話もしくはメールにてお問合せください。 藤が丘では大学病院としての医療を、上白根病院では一人で眼科外来の立ち上げ、手術を行なってまいりました。 患者さんが当院を選んで来てくださるということに縁を感じますし、皆さんが「大切な患者さん」です。

次の

my3bees

たま プラーザ やまぐち 眼科

同院では日帰り白内障手術ができるほか、通常は大きな病院で入院して受けるといわれる硝子体手術も、日帰りで受けられる。 googletagmanager. 2020年5月 たまプラーザやまぐち眼科 院長 山口大輔 開業1周年を記念して動画を作製しました このたび、たまプラーザに眼科クリニックを開業させていただきます山口大輔と申します。 その時に担当の医師に「走れないのがつらい」という話をしたところ、「それは僕には関係ない」と言われてしまったのです。 そうした方にも何かしてあげたいとみつけたのが、ロービジョンケアでした。 たまプラーザ近隣、田園都市線沿線にお住いの方が、気軽に受診できるクリニックとして、一般眼科から手術まで受けられ、目のことで困らなくて済むような医療、目の健康をスタッフ一同全力で提供して参りたいと思います。 お子さまの目のしこり(霰粒腫)などの処置も可能ですし、若い方のドライアイ、アレルギー疾患の治療も行なっています。

次の

山口大輔(たまプラーザやまぐち眼科) : プロフィール [マイベストプロ神奈川]

たま プラーザ やまぐち 眼科

白内障手術機器、手術顕微鏡は最新の設備を整え、網膜硝子体(目の奥の)疾患の手術に必要な硝子体手術の器械も導入しています。 院長紹介 山口大輔 院長 このたび、たまプラーザに眼科クリニックを開業させていただきます山口大輔と申します。 マンションの1階にある「たまプラーザやまぐち眼科」の院内に入ると爽やかな香りに包まれる。 馴染みのある横浜市青葉区、田園都市線沿線で少しでもその恩返しができればと、たまプラーザで開業させていただきました。 当院では、一般眼科だけでなく、白内障や眼瞼下垂などの日帰り手術、レーザー治療なども行なっています。 この霰粒腫ができる時に炎症が起こることがあり、まぶたの赤みや腫れが出て、ものもらいとの鑑別が難しくなるという訳です。

次の

たまプラーザやまぐち眼科 / 山口 大輔 院長 / 眼科 / 新石川 / たまプラーザ駅

たま プラーザ やまぐち 眼科

たまプラーザ駅徒歩3分の「たまプラーザやまぐち眼科」は、一般眼科だけでなく、白内障手術なども行っております。 また、白内障だけでなく、眼瞼下垂などのまぶたの疾患、黄斑上膜や糖尿病網膜症、網膜症剥離といった網膜硝子体疾患の硝子体手術も対応しております。 特に、手術が必要な場合、『どういう事に困っているのか』『どんな見え方にしたいのか』などをお伺いして、治療方針を決めていきます。 そして、術後には、見え方の感想も聞かせていただきたいです。 私は消化器外科を5年した後、横浜市青葉区の昭和大学藤が丘リハビリテーション病院、旭区の上白根病院を中心に眼科診療を行ってまいりました。 昭和大学病院、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院で眼科医として研鑽を積み、2015年から横浜市旭区の上白根病院病院の眼科外来の立ち上げに携わった後、2019年(令和元年)5月に横浜市青葉区たまプラーザでたまプラーザやまぐち眼科を開院しました。

次の

たまプラーザやまぐち眼科 / 眼科 / 新石川 / たまプラーザ駅

たま プラーザ やまぐち 眼科

2 一般眼科 白内障手術、眼瞼手術、硝子体手術をはじめ、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの検査や治療など広く眼科一般疾患に対応しております。 検査結果をただ伝えるのではなく、それにプラスして前向きになれる言葉をかけたいですし、手術の後の結果を伝えるだけでなく、患者さんのその後の生活のお話もお聞きしたい。 予約可 ドクターズファイル 対応できる検査内容• 山形大学医学部卒業後、5年間、東京女子医大病院消化器病センターで外科医として勤務しました。 山口大輔院長が得意とするのは、白内障や眼瞼下垂の手術。 一度、形成された肉芽は点眼では基本的になくならないので、しこりがずっと残ってしまいます。 ですので、つらい事、不安な事、心配な事も遠慮なくお話ください。 クリニックでの手術の場合、合併症が起きてしまうと、その後の処置は大きな施設にお願いしないといけないことが多いですが、当院では不測の事態でも責任を持って対応したいという思いから、万全の体制と設備を整えていますので、安心してお越しいただきたいと思っています。

次の

たまプラーザやまぐち眼科|横浜市青葉区・たまプラーザ駅3分|白内障手術

たま プラーザ やまぐち 眼科

それは、霰粒腫いったんできるとなかなかよくならないことが多いからです。 眼鏡やコンタクトレンズの処方、結膜炎やものもらいの治療などももちろん行っておりますが、やはり当院の最大の特色は眼の手術治療だと思っています。 患者さんの生活を重視しながら治療をすることを考えると、クリニックで日帰りの硝子体手術を受けられるのが理想だと考え、硝子体手術ができる設備を整えました。 今ではクリニックでの日帰り手術が一般的になった白内障手術ですが、たまプラーザ駅近辺には日帰り白内障手術を行なっているクリニックがないため、当院が近隣の患者さんに少しでも貢献できればと思っています。 田園都市線沿線全体で見ると、白内障の手術をしているクリニックはありますが、硝子体手術まで対応しているクリニックはとても少ないです。 ロービジョンとは、緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜色素変性症などでお薬の治療や手術を行なっても視力が改善されず、見えにくさで生活に不自由が出ている状態で、そういう方が少しでも見やすくなり、生活をしやすくするお手伝いをするのが『ロービジョンケア』です。

次の