ロケッツ 対 サンズ。 日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/ウェスト編②(バスケットボールキング)

ロケッツ対サンズ: キャットのロケッツ通信

ロケッツ 対 サンズ

415 1972-73 33 49. マジックはカンファレンス決勝でやはりジョーダン世代の一人である率いるを4勝3敗で破り、フランチャイズ史上初のファイナル進出を果たした。 2016-17シーズン 2017年3月28日の戦に勝利し、ヘッドコーチ就任後レギュラーシーズン238試合目で200勝を達成。 今季の王者誕生は10月に入ってからとなる。 トヨタセンター サンディエゴ・ロケッツ [ ]• 彼らは僕らに対して、ここまで優位に立っていたけれど、(最後に)僕が決着をつけることができると思っていた」とオラジュワンは当時を振り返っている。 、、キッドの若手トリオ"3J's"に率いられ、36勝を記録する飛躍を見せた。

次の

ロケッツがアンダーソンをサンズにトレード サンズはナイトら2選手を放出― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ロケッツ 対 サンズ

: 2017-• F - , シアトル・スーパーソニックス• 9パーセント) 8月1日:対キングス(1勝1敗) 8月3日:対グリズリーズ(1勝2敗) 8月4日:対シクサーズ(0勝1敗) 8月6日:対ナゲッツ(0勝1敗) 8月8日:対ジャズ(2勝0敗) 8月10日:対ペリカンズ(1勝0敗) 8月12日:対ロケッツ(1勝1敗) 8月14日:対ジャズ(2勝0敗) 大黒柱ラマーカス・オルドリッジを欠いたロースターで、オールスタービッグマンを擁するシクサーズ(ジョエル・エンビード)やナゲッツ(ニコラ・ヨキッチ)、ジャズ(ルディ・ゴベア)と対峙するのは分が悪そう。 優勝 : 2006 コーチ時代• KJも出てるしね。 :1990-1995 C• ロケッツはハワードと、6月13日に正式に契約を交わした。 が成長し、更にやなどをシーズン途中に獲得するなど、チームの強化を図り、1994年以来の地区優勝を勝ち取り、プレーオフ1回戦ではに4勝1敗で勝利し2009年以来のセミファイナルに進出、同セミファイルでに4勝3敗で勝利し、1997年以来のファイナルに進出した。 」 シンキ「まあとりあえず前半の続きを見てみましょう。 NBA All-Defensive Second Team:• 91m 215 lb 98kg 1. 速い流れからアリーザがワイドオープンになってスリーを放つがこれが入らない。

次の

ロケッツ対ウォリアーズ 第6戦で気になる3つのこと【NBAプレイオフ2018】

ロケッツ 対 サンズ

しかし後半に入るとロケッツのの3Pシュートが次々と決まり、第3Qは37-19とロケッツが圧倒。 2017年5月12日閲覧。 両チームとも調子が上がってこないシーズンになっているのが良く分かるゲームだよ。 二人はその後のロケッツを支える選手になったが、チームの勝率は5割前後を行き来し、リーグ中堅程度の時代が続いた。 3月11日以来のシーズンは30日午後6時半開始のジャズ対ペリカンズ戦でスタートし、続いて西地区全体で首位に立っているレイカーズが同2位のクリッパーズと顔を合わせる。 モーレー的には今オフで大物クンを受け入れるだけのキャップの空きを確保したかったんだろうが、今のロケッツに必要なのは若手の生え抜きを鍛えることと、その資産を増やすことなんじゃないかな。

次の

スティーブ・カー

ロケッツ 対 サンズ

512 1992-93 55 27. 2012年7月、で リンサニティ旋風 を巻き起こしたと契約。 415 18 28 54. :1990-1996 C• 無類の強さを誇ったブルズが、ジョーダンを擁しながらも90年代に入って初めてプレーオフで破れた瞬間だった。 3勝1敗とし、圧倒的に有利な展開へと持ち込んだ。 (ただし1994年から97年までの3シーズンはの3Pラインは現在のラインよりも約55cm近くに変更されていた時期である。 まるでホーレス・グラントのマークを外れて、ジョン・パクソン(共に元シカゴ・ブルズほか)に3ポイントシュートを打たせてしまった1993年のファイナル第6戦と同じような感じだった。 のの際には、「多くの善良なと一部のは区別しなければならない」とアメリカ国民に冷静な対応を呼びかけた。 にヘイズはトレードでチームを去り、にはをトレードで獲得。

次の

ロケッツがアンダーソンをサンズにトレード サンズはナイトら2選手を放出― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ロケッツ 対 サンズ

まあ出だしに調子が出ないのは今になって始まった訳ではないんだが、こういう処置も必要な時もあるよね。 :1992-1996 C• 0762 6 ft3 in 1. 他には、、、、、、、、、、、、、らが指名を受けている。 」 キャット「第4Qも危なっかしい場面は一切なく、残り5分で控えがバトンタッチ。 あくまで狙いは優勝だからね。 前季途中にとの交換でを獲得したは、当時のフランチャイズ記録となる60勝を記録。

次の

今季第52戦 対サンズ: キャットのロケッツ通信

ロケッツ 対 サンズ

更にの起用も的中するなど、リーグ屈指の攻撃力を展開し、55勝27敗でシーズンを終えた。 なお、オフにハーデンがMVPを受賞した。 500 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 ロケッツ 2, 1 4, ロケッツ 0 1980-81 40 42. 監督がからに交代した2007-08シーズンには NBA歴代2位となる22連勝を記録するなど、周囲を驚かせたが、プレーオフでは2シーズン連続での前に敗退している。 センター対決を制したオラジュワンをファイナルで待っていたのは、次代トップセンターが所属するだった。 524 2003-04 45 37. 第1戦 [ ] ファイナル初戦の序盤は若さ溢れるマジックの勢いがロケッツを凌駕し、第2Qにはアンファニー・ハーダウェイの活躍でマジックのリードがこの日最大の20点差にまで広がった。 うちひしがれるカーを励まし、応援し続けたのはやはりの友人達だった。 chron. 結局41勝41敗で何とか第8シードでプレーオフに出場するに止まり、プレーオフ1回戦では昨季カンファレンスファイナルで対峙したに1勝4敗で屈した。

次の

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/ウェスト編②(バスケットボールキング) 6月27日(現地時間26日、日付は以下同)、…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ロケッツ 対 サンズ

イグダーラ離脱後にウォリアーズは2連敗を喫し、先に王手をかけられるなど影響が大きく出ています。 8得点で2年連続ファイナルMVPを獲得した。 次も勝って連勝街道へ行きたいですね。 :1970-1983• 『ESPN』からロケッツはグリズリーズとは違うと言われると、 グリーンは「俺たちは第7戦のためにここに戻ってくる。 その後もロケッツはシュートを外さず、バディンガーにブルックスのスリーが決まって16点のリードに(56-40)。 528 プレイオフ 146 152. 第4Qに入り、まずサンズがフリースローで同点に追いつく(86-86)、しかしバディンガーのスコアーとランドリーのミドルでロケッツが3点リードした(90-87)。

次の

NBA再開シーズンの“開幕戦”はジャズ対ペリカンズ グリズリーズの初戦はTブレイザーズ

ロケッツ 対 サンズ

2日目となる7月31日は6試合が組まれ、渡辺雄太(25)が所属する西地区全体8位のグリズリーズは同9位のトレイルブレイザーズと対戦。 :1976-1978、1989-1990• 」 キャット「第2Qはスターターが登場。 第5戦でもオラジュワンが33得点、ドレクスラーが31得点の大活躍でジャズを粉砕し、ウエスト準決勝へ。 (英語). :1984-2001 C M 50• そのドレクスラーを失ったブレイザーズは、以後もプレーオフ連続出場記録を更新し続けるが、ドレクスラーほどの絶対的なエースを得ることはできず、暫くは上位戦線から遠ざかってしまう。 のシーズン中に、かつてロケッツで選手として活躍したルディ・トムジャノビッチが監督に就任。 2013年6月5日、がロケッツと契約したことを自身のツイッターで公表したが、NBAはFA交渉禁止期間外に交渉したことによりロケッツに制裁金15万ドルを科した。

次の