非常 に はっきり と わからない ネタバレ。 荒神明香 等[目]謝罪会見? 千葉市美術館で「目 非常にはっきりとわからない」はじまるが記者からの質問には非回答

「目 非常にはっきりとわからない」は必見!

非常 に はっきり と わからない ネタバレ

後略 ステイトメントにあるように、地球磁場逆転地層(チバニアン)の発見から着想を得て企画された作品や展示方式、見せ方の妙があります。 平日のお昼時でしたが、私の前に2組程並んでいました。 ネタバレを含みますのでご注意ください! 本展の存在は、ツイッターのRTで回ってきて知りました。 1の驚愕のコースかもしれない。 会場は高層ビルのうち床面にして二階分(7階と8階)を占める雑居施設で、通常ならエレベーターで向かうのだけれども、今回は1階のビルに入ってすぐのところに受付が設けられ、展示はそこから始まっている。 確かに1階にロッカーが無造作にあったのですが、まさか通常のロッカーが使えないとは。

次の

「謎解き」と分断:黒瀬陽平 レビュー「目 非常にはっきりとわからない」Tokyo Art Beat

非常 に はっきり と わからない ネタバレ

そしてそこで初めて、今回の展示の核がわかる。 この展示はでになっており、発信した方のの「ある仕掛あり、それをした瞬間、のが変わってゾッとする」というに引かれて行くことにしたのですが……どうやら「合う・合わない」があったようです。 また来る必要があるのかもしれない。 どうやら、空間全体を作品に仕立てるのが持ち味だそう。 ・・・なるほど、わからん。 荷物をロッカーに預けます。 もし仮に、この美術館の所蔵作品でなかったとしても、「過去の誰かの作品」であることにかわりはない。

次の

【ネタバレあり】目:非常にはっきりとわからない : tune a girl

非常 に はっきり と わからない ネタバレ

筆者も言いたいことは多々あるし、「会期中に〇〇〇〇となるのでは?」など様々な予想はしていますが、実際のところは時が経ってみないと分かりません。 そんなことはどうでもよいことだ。 いいなぁ。 でも他はよく覚えていない。 次期森美術館館長の片岡真実さん等アート業界の重鎮も来られていたので「目」への期待値の高さがうかがえます。

次の

謎の企画展「非常にはっきりとわからない」を見てきたけど、ほんとにわからなかった

非常 に はっきり と わからない ネタバレ

EVにも養生テープが。 よくわらかないけれど、天井からぶら下げられた無数の時計の針が、ゆらゆら、ゆらゆら。 EV、早く来い! その時、先程の、バインダーを持って、メモを取っている人とぶつかりそうになった。 ただ、私はこれを見たことがある、知っているという「確信」。 まずは牡蠣のピックルとブリオッシュ 牡蠣が深く香るスープに、リンゴの甘酸っぱさがからみ、ブリオッシュに乗せると、とんでもなく贅沢なオープンサンドになってしまう。 作品はガラスのショーケースで隔てられていたうえに、ショーケースの前には様々な備品が置かれていたので、時代の古い屏風や掛け軸に関しては、それらが本物なのか偽物なのか、判断が難しかった。

次の

【ネタバレ】目 非常にはっきりとわからない展に行ってきました

非常 に はっきり と わからない ネタバレ

笑 「ネタバレいくつか読んだけどしっくりくるものがなかった」マジか… でもすぐに 「あれって目じゃね?」というふせったーに出会い …マジか… …そういうことなの…!? もう1回行こう。 著書に『情報社会の情念』(NHK出版、2013年)。 その会話の中で 「8階に行ったら答え合わせができるのかな? "7階と8階の景色は似通っている"が微妙に違う箇所があって、その微妙に違う箇所からヒントを得られて、何かしら目の覚めるような答えが導けるのでは?という考えのもと 」 「これを全部移動させた後、元の場所に一つずつ戻していったらどうする?」 ということも話したのですが…… そんなことしなければ良かったです。 無造作に置かれた道具バックも、 「さわらないで!」と書かれたテープも、 雑然と置かれたプリントも、すべて。 しかし途中から、作業が終わったとしても展示室に劇的な変化が起こらなさそうなことを察し、同行者と今後の展開を推測しながら小声で話していました。 何あの上のやつ??と思ったりしながら 財布を片手に、もう一度7階へ 行ったらば それが、始まっていたんだなぁ。

次の

千葉市美術館『目 非常にはっきりとわからない』、エリックサウスマサラダイナーの2019冬のモダンインディアンコース

非常 に はっきり と わからない ネタバレ

しっかりエレベータの外部も内部もしっかり養生してあったので、 自分が何階にいるのか分からなくなるんですよね。 ガラスケースもあり、内側から薄いビニールが張られ、蛍光カラーの何かが飾ってあるのがぼんやり見えている。 もう一度、展示を思い出してみる。 1階のエレベータフロア〜メディアの取材であっても、撮影はここまでです。 (『美術手帖』2020年4月号「REVIEWS」より) 文=椹木野衣. 会場内にはもちろん、図録にも、これらの作品に関する情報、クレジットは一切ない。 そもそも、二つの会場をめぐる図を一挙に視野に収めることが静的にも動的にもできない以上、少し考えれば、これが「間違い探し」となるために必要な条件を最初から欠いていることに気がつくはずだ。 しかしその「謎」には意味がなく、交換可能で、「謎解き」の状況を作り出すための口実でしかなかったのだ。

次の