中村 すえ こ。 「人は何度でもやり直せる」

女子少年院を出た少女たちの姿を、ドキュメンタリーで伝えたい。自身も少年院を経験した中村すえこさんの想い

中村 すえ こ

そして、少年の未来の可能性などに期待はなく社会から追放したいとまで思う人もいるのも事実です。 rfcは「心つないで、心ひとつに。 それがその後の中村さんの人生を大きく変えることになりました。 少女たちが自らの言葉で語る自身のストーリー、つまりそれは少女が抱える問題であり、現在の日本における社会問題とも言えると考えます。 はじめの頃は、厳しいお父さんがいないことや、自由に遅くまでテレビを見られることが嬉しくて、気ままに楽しく夜の時間を過ごしていたといいます。 変わりたい、ではなく、変わらなくてはいけないという気持ちでした。

次の

大阪のオーダーカーテン・カーテンリフォームなら中村末株式会社へお任せ

中村 すえ こ

詳しくはホームページで。 まわりの同年代の女の子たちがどんなふうに毎日を過ごしているのか、当時の中村さんには想像もつきませんでした。 中村さんの体験談は本(『セカンドチャンス!』)でも読んでいましたが、本人が話されるのを直接聞いて思ったことは、末っ子としてお母さんからもお姉ちゃんたちからも可愛がられて育ったごく普通の女の子だったんだろうな、お母さんが大好きだったんだろうなということでした。 今、思い返せば・・・。 パーソナリティーが、地域の郷土文化、イベント等を紹介する1時間の録音番組。

次の

中村こずえのサウンドピクチャー

中村 すえ こ

。 キーワード : 困難のかたち• 非行に走ったきっかけはボタンのかけ違いだったけど、走り出したら、もう止まらない。 中村さんが製作を進める映画には彼らの背中をそっと押す役目もあるのかもしれません。 ワープロの資格をとって達成感を始めて味わった。 2009年10月11日 - 2012年9月30日は毎週日曜 25:00 - 26:00、2012年10月26日 - 2013年3月22日までは毎週金曜 20:00 - 21:00。 お話を聞いていると、少年院出院前には見えていなかった家族の絆を感じ、少しずつ更生しているように感じました。 「でも今は恥ずかしい生き方はしてないんだからいいんじゃない」と昔のことをオープンにすることを賛成してくれたんです。

次の

少年院の少女の声、背負う記憶とは 自らも経験者の中村さん映画を監督 |社会|地域のニュース|京都新聞

中村 すえ こ

中村さんは今、学童保育の仕事をしている。 少年院そして出院者という偏見も多いであろう社会へのメッセージ。 孤独で、辛い思いを抱えたまま、中村さんは再犯をしてしまいます。 17才、退院後、紫優嬢を破門になり、地元を追われる。 結局は中絶するという決断をしました。 もうすべてがどうでもいいやという気持ちだったのだと思います。

次の

ドキュメント映画『記憶』応援プロジェクト 人は変われる・・・少年院少女たちの未来への軌跡

中村 すえ こ

運送会社の事務員、弁当の配達、コンビニ……。 少年鑑別所に送られ、再び少年院に戻されると観念したが、審判の結果、試験観察処分となり、実家に帰された。 当時不良の象徴だった、長いスカートや茶髪の高校生を見つけると「そんな格好をしてこのあたりをうろつくんじゃない!」と声をかけて、喧嘩になることもありました。 その覚悟はシングルマザーとなり、一人で子どもを育てることになってからも損なわれることはなかったのです。 自分の家族が面会に来てくれることはもちろん、ほかの誰かの家族が面会に来たときもそれを心から喜ぶことができたのです。

次の

中村こずえのみんなでニッポン日曜日!

中村 すえ こ

心に空いた喪失感を埋めることもできず、これからどう生きていいのかがわからなかったのです。 。 母親に育児放棄された佳奈(18=仮名)は2歳から16歳まで施設で育ち、17歳のとき覚せい剤で逮捕された。 (リポーター代理) - 2014年2月9日出演。 中村さんは自暴自棄になっていました。 そのことを半生を振り返らせて頂いたことで、改めて深く感じました。

次の

大阪のオーダーカーテン・カーテンリフォームなら中村末株式会社へお任せ

中村 すえ こ

2011年8月7日より現在の放送時刻に変更。 - 制作局・ニッポン放送では本来の放送時間にこの番組を放送(こちらも生放送)。 そこでの矯正教育の様子や、そこで生活する少女にインタビューをして、赤裸々に語ってもらおうかと思っています。 出院の日にも改めてそう思いました。 人は自分の変化には気づかない。 上の子2人は思春期にさしかかる年齢。 子どもをしっかり自分で育てたいという想いがあったからこその選択でした。

次の

少年院の少女の声、背負う記憶とは 自らも経験者の中村さん映画を監督 |社会|地域のニュース|京都新聞

中村 すえ こ

当日の寄付も受け付けております。 後ににもネットされた。 初めて信頼できる大人との出会い すえこさんは佳奈のその後を追い大阪に向かう。 神奈川• 男の暴走族のバイクや車に乗せてもらい、暴走族の集会にも出た。 自分が何をして少年院に入り、どうやって更生していったかをテンポよく話していく。

次の