鬼 滅 の 刃 pixiv 小説。 #鬼滅の刃 #鬼滅の刃小説100users入り 炭治郎愛され?小説

#鬼滅の刃#おそ松さん#コラボ#妄想ネタ 🌊【鬼滅の刃とおそ松さんの妄想コラボ小説描いてみたら面白すぎた

鬼 滅 の 刃 pixiv 小説

赤羽から乗り継いだ列車内は人もまばらで、すこし寂しい雰囲気がする。 予想よりもずっと静かな声で。 時折、草のサアアアという音も聞こえていた。 また、隠を呼ぶには時間がかかるし、自分で運んだ方が早いと判断したのだ。 争うことを、戦うことを嫌っているのだろう。 それ故、鬼への憎悪が激しい。

次の

『鬼滅の刃』小説版がジャンプ史上最速で100万部を突破した理由 装丁を刷新し、ナンバリングを廃止

鬼 滅 の 刃 pixiv 小説

吐く息から熱い匂いがする。 最終選別はあくまで鬼と戦える者を選別するためのものだ。 鬼の数は明らかに減ってきているし、それに禰豆子は人に戻れて、」 春には嫁にいく、と言う声が揺れる。 お礼…言いそびれた…。 「冨岡さんー??」 「胡蝶!! ありがたく思いながら飲むために口を近づけた時だった。 カナヲは風の行方を眼で追った。 やさしい音だけが聞こえてくる。

次の

体調不良【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 pixiv 小説

なぜって産屋敷一族と似たような能力があったから。 酒入ってないかい?」 「え」 くんくん、と禰豆子が鼻を効かせる。 顎を痛めているようなのでゆっくり。 「カナヲ……」 「炭治郎は、ひとりにして欲しいと思っているでしょう。 彼女がいつか嫁いでゆく日が来るというなら、なおさら安心させてやれる場所として守りたい。 そこまで思って、炭治郎の喉がぐっと狭窄した。 義勇を宥め、話があると落ち着かせて、持っていたものを差し出す。

次の

#2 実は仲良い21歳組

鬼 滅 の 刃 pixiv 小説

鬼滅の刃の小説版を電子書籍で楽しむならebookjapanがオススメ! ちなみに漫画も小説も売り切れが続出している鬼滅の刃の関連作品を電子書籍で購入するのなら ebookjapan(イーブックジャパン)がオススメです。 「付き合わせて悪いな、カナヲ」 「いいよ、誘ってくれてありがとう」 炭治郎とカナヲは、ふたりで冬の晴れた日を選んで西を目指した。 それでも君は下弦の鬼を倒すほど強くなった。 婚約の祝いにと駆けつけた仲間たちと呑んで、十分に朝寝をしてから微睡むような心地で過ごす午後だ。 己にすら隠してきた心の機微を、いとも容易く暴かれるような。 誰かの肩に頭から突っ込んでいた。 「頭が痛え」 「慣れない癖に、吞みすぎるからです」 粉薬を溶かして濁った湯呑みをにらみながら、伊之助は自身のこめかみをぐいぐいと小突く。

次の

#鬼滅の刃#おそ松さん#コラボ#妄想ネタ 🌊【鬼滅の刃とおそ松さんの妄想コラボ小説描いてみたら面白すぎた

鬼 滅 の 刃 pixiv 小説

体が痛い。 逸らすために何かあっただろうか、と思い至って懐を探ると、硬いものに触れた。 例え妹だろうとそんなものは関係ない、鬼は人を喰らうものなのだから、と。 ……そして、ひとりにしないで欲しいとも思っているでしょう。 返事があるはずもないとわかっているだろうに、親を求める子のように繰り返す。 もしかしたら婚約を破談にするなんて言い出しかねない」 「……炭治郎は善逸と禰豆子に結婚して欲しくないの?」 「まさか!嬉しいよ、禰豆子は幸せそうだし、善逸はいいやつだ。 食事を済ませてもまだ少し冷えたので、ふたりで熱燗を二合ほど頂き暖を取る。

次の

「鬼滅の刃」タグ関連作品

鬼 滅 の 刃 pixiv 小説

カナヲはここで待っててくれたら。 それはいつまでもずっと変わらないと思う。 感覚鋭い彼らしい気付きだ。 そう言って笑う炭治郎の目にまた油膜が張る。 聞いていて心地よい、清くて透明な、波風の立っていない海のような、優しい落ち着く音だった。 奇妙な間が続いた。

次の

#我妻善逸 #鬼滅の刃 寄す処

鬼 滅 の 刃 pixiv 小説

炭治郎の頬から顎を伝って、大粒の涙が零れていた。 そう小さく告げた義勇に、鱗滝はあからさまではあったが話題を変えた。 疲れている時に人混みに来るべきではなかったと。 「お前は……」 あれ、この声どこかで…と思いながらも善逸は意識を手放した。 「禰豆子ちゃん、それなあに」 「ホットレモネイド、だそうです」 「あら、またハイカラな」 「甘露寺さんに自家製シロップを頂いたんですよ。 それでも全ては未来に繋がる礎にほかならない、という気がしてきた。

次の

#鬼滅の刃 #鬼滅の刃小説1000users入り 厄除の面装備義勇さん

鬼 滅 の 刃 pixiv 小説

そしてそのまま気絶した。 「……でも、まあ。 良く考えれば、それが現実的だ。 そりゃもう本当に厳しい人だった。 , , , , , , , , , , , , , , 鬼滅の刃, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,• でも立ち止まっているわけじゃないんだ。

次の