セント サイモン の 悲劇。 ニコニコ大百科: 「セントサイモン」について語るスレ 1番目から30個の書き込み

【ウイニングポストのお供に!】 ダーレーアラビアン & ゴドルフィンアラビアン、セントサイモンの悲劇、ジャージー規則、ドゥーナデン

セント サイモン の 悲劇

厩舎の間をにも留まらぬで駆け抜け、外れまで吹っ飛んでいって、ようやく停止。 クラシックは1901年にとセントサイモンの直系子孫で4勝、にも直孫で独占し、の種牡馬リーディングでは首位パーシモンを筆頭としてデスモンド、セントフラスキン、、の5頭が7位までにひしめいた。 、 という血統。 今のところセントサイモン系存続の可能性が最も高い系統は、馬術競技の障害飛越に進出してとなった馬たちである。 セントサイモン系は、急速に拡大し、「 セントサイモン系でなければ、サラブレッドではない 」ともいわれました。

次の

サンデーサイレンスの悲劇!?その昔セントサイモンという馬がいて種牡馬...

セント サイモン の 悲劇

セントサイモンはがアスコットゴールドカップを勝ったが2位に終わった。 その後、セントサイモン系は主流血脈ではなくなりました。 狂気の馬 余談ながら、偉大な名なはずのセントサイモンには、 あんまりり伝えたくないようなが山ほどある。 あまりに気性が悪過ぎるので、このまま種入りしたらを殺してしまいかねないと、 2年近くも気性善が試みられたが失敗。 お手数かけて申し訳ありませんがURLとRSSは下記のように変更になるので登録し直していただけるとありがたいです。 32,960£ - セントフラスキン• 1907年に種牡馬を引退。

次の

セントサイモン〜<サラブレッドの血統の革命児、19世紀で最も偉大な種牡馬(メインウェーブ)

セント サイモン の 悲劇

に息子パーシモンが等の活躍によりリーディングサイアーになるとセントサイモンは2位に落ち、二度とリーディングを取ることはなかった。 2000ギニー、エクリプスステークス等。 Simon、『世界名馬ファイル』p. 気づいた時でいいのでよろしくお願いいたします。 サンデー後継の中で種付けを主に南半球で行っている馬もいますが 日本には後継種牡馬や父サンデー繁殖牝馬がご存知のように無数にいます。 父ガロピンは、英ダービー馬だが、父系は、エクリプス系でも傍流で、母セントアンジェラは1勝馬。

次の

数年前のお前ら「サンデー系の飽和でセントサイモンの悲劇が起こる!日本競馬崩壊!」

セント サイモン の 悲劇

1984-2007年の24年間にアメリカ合衆国の大レースを勝った競走馬、318頭の血統表内で大きな影響力を持つ繁殖馬の影響度が数値化されたもので、セントサイモンは次点のノーザンダンサーを大きく上回り最大の数値を獲得した。 理由2:繁殖の血の偏り ーによっての優秀な繁殖を自分から締め出した結果、繁殖が「優秀なの子孫」しか残らなかった。 11-c 1 毛 H n Ncklh Me a Gcoe Ma Ade 1 毛 Ion Mret Lta 関連動画 セントサイモンでしたら出てきて吹いた 関連コミュニティ 関連項目• セントサイモンは種牡馬として、空前の成功をし、牡馬と牝馬で1頭ずつ3冠馬を輩出し、クラシック全勝の年(1900年)もありました。 結果的に自身がたちの種としての機会を奪う そしてが死ぬ頃にはたちも老齢になってしまう。 - パーシモンの弟で同じくエドワード7世の持ち馬。

次の

セントサイモンの悲劇

セント サイモン の 悲劇

の時だけでなく房の中でも。 かように、一からを転じてみれば、むしろこれは悲劇でもなんでもない成功劇にすらなる。 。 さらにはオーストラリア、南アメリカに広がっていたセントサイモン系も同様に滅亡した。 その血は世界に広がり、現在セントサイモンの血を持たないサラブレッドは存在しないようです。 ワイルドリスク系およびドリクレス、フロリアル両父系も完全には滅んでいないものの、主要国では既に消滅している。 >これを「セントサイモンの悲劇」と言うそうですが、日本でサンデーサイレンスも同じようになるというのは考えすぎでしょうか・・・ いえ 全然考えすぎと言う事は無いと思いますよ。

次の

ニコニコ大百科: 「セントサイモン」について語るスレ 1番目から30個の書き込み

セント サイモン の 悲劇

種入りしてからは産駒が走る走る。 最初のがしたため登録は効となってしまい、出走はわなかったが、となったグッドウッドではをハーヴェとの同着でしたセントガエンを除くその年のを全て20身以上後方に葬り去っている。 Jersey Act ジャージー規則 4. Thoroughbred Heritage - Galopin• 代の障害飛越トップ種牡馬100頭の内、26頭の父系祖先はオレンジピールであり、同じサラブレッド出身の()の17頭を上回って最大という。 すいませんがよろしくお願いいたします。 『伝説の名馬(Part2)』p. また、オーストラリア、南アメリカに広がっていたセントサイモン系も同様に滅亡した。 こんな恐ろしいを本気で走らせたら 何が起こるか分からないので、セントサイモンはで 全を出す事を許された事がかった。 1908年から1914年にかけ有力な種牡馬が相次いで死亡、 その上残った種牡馬も輸出されたり失敗したりで活躍馬を出せなくなり、 牡馬のクラシックホースは1914年の エプソムダービー優勝馬ダーバー(Durbar、フランス産)を最後に、 イギリスチャンピオンサイアーは1913年のデスモンドを最後に 獲得することができなくなってしまった。

次の