ラスト ソング 歌詞。 Official髭男dism【ラストソング】歌詞の意味を解説!2人の関係は?もっと歌いたい理由とは

ラスト・ソングの歌詞

ラスト ソング 歌詞

言えなくなるのが「いつ」だとしても虚しくなるから。 最後のライトは消さないで せめて拍手が終るまで 恋をすることさえも許されないで 歌い続けてきた私 せめてこの歌は貴方に 客席にはいつもの貴方がいて となりには貴方の愛する人が 何も知らずにほほえんでいる たった一度のあやまちを 貴方は悔んでいるかしら たった一度の恋のあやまちだけが 私をささえてくれたのに 明日から一人で歩いてく 少しは大人になれたもの もう二度と逢わないと心に決めて 涙みせずに歌うから せめて心だけ受け止めて 明日になれば貴方は祭壇の前で 新しい愛を永遠 とわ に誓う だから今日までは私の貴方 最後のライトは消さないで せめて拍手が終るまで 恋をすることさえも許されないで 歌い続けて行く私 せめてこの歌を貴方に せめてこの歌を貴方に. 最後のライトは 消さないで せめて拍手が 終るまで 恋をすることさえも 許されないで 歌い続けてきた私 せめてこの歌は 貴方に 客席にはいつもの 貴方がいて となりには 貴方の 愛する人が 何も知らずに 微笑んでいる たった一度の あやまちを 貴方は悔やんで いるかしら たった一度の恋の あやまちだけが 私をささえてくれたのに 明日から一人で 歩いてく 少しは大人に なれたもの もう二度と逢わないと 心に決めて 涙みせずに 歌うから せめて心だけ 受け止めて 明日になれば貴方は 祭壇の前で 新しい愛を 永遠に誓う だから今日までは 私の貴方 最後のライトは 消さないで せめて拍手が 終るまで 恋をすることさえも 許されないで 歌い続けて行く私 せめてこの歌を 貴方に せめてこの歌を 貴方に. 私達は失って初めて、その人の大切さに気づきます。 Official髭男dismさん『ラストソング』の歌詞 ラストソング words by フジワラサトシ music by フジワラサトシ Performed by オフィシャルヒゲダンディズム. 幕 まくが 下 おりれば 僕 ぼくら お 互 たがいに 離 はなれ 離 ばなれ 皮肉 ひにくなもんだな こんな 時 ときだけ あっという 間 まに 過 すぎ 去 さるなんてさあ 「またね」があれば どんなお 別 わかれもましになるね いつ 言 いえなくなるだろう? 幸せを絶やしてしまわないように。 ラストソング 作詞 藤原聡 作曲 藤原聡 唄 Official髭男dism 幕が下りれば僕ら お互いに離れ離れ 皮肉なもんだな こんな時だけ あっという間に過ぎ去るなんてさ 「またね」があれば どんなお別れもましになるね いつ言えなくなるだろう? 試聴する KKBOXを起動 ラストソング 作詞:藤原聡 作曲:藤原聡 幕が下りれば僕ら お互いに離れ離れ 皮肉なもんだな こんな時だけ あっという間に過ぎ去るなんてさ 「またね」があれば どんなお別れもましになるね いつ言えなくなるだろう? 考えちゃだめだよなあ いつだとしても虚しくなるから ひと夏のきらめきが アイスを溶かしていく それによく似たやるせなさには ほんの少しだけ 刹那の味が 甘く混ざりあう 今日が終わるのが 悲しいから 朝日よ2度と出てこないでと 時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな 限りがあるからこそ 全ては美しいんだと そんなド正論 臆病な僕には しんどすぎて聞けたもんじゃないな 月日を重ねる度 少しずつ出来ていく クロスワードみたいな 心の隙間 埋められるのは 交わした言葉 約束の時間 いつも終わってから 漂うのは 手持ち花火の火薬の香り まとわりついて離れずに 指に残るまばゆい声と 青くて熱い耳鳴り もっと聴きたいのにな 君と作り上げた思い出と このハッピーを絶やさないように 僕は笑い声を立てる 「またね」を届ける 嘆きの雨に 少し 濡れながら 地球最後の日だとしても 今日が終わるのが 悲しいから 朝日よ2度と出てこないでと 時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな もっと歌いたいのにな. 山口百恵 ラスト・ソング 作詞:谷村新司 作曲:谷村新司 最後のライトは消さないで せめて拍手が終るまで 恋をすることさえも許されないで 歌い続けてきた私 せめてこの歌は貴方に 客席にはいつもの貴方がいて となりには貴方の愛する人が 何も知らずにほほえんでいる たった一度のあやまちを 貴方は悔んでいるかしら たった一度の恋のあやまちだけが 私をささえてくれたのに 更多更詳盡歌詞 在 明日から一人で歩いてく 少しは大人になれたもの もう二度と逢わないと心に決めて 涙みせずに歌うから せめて心だけ受け止めて 明日になれば貴方は祭壇の前で 新しい愛を永遠 とわ に誓う だから今日までは私の貴方 最後のライトは消さないで せめて拍手が終るまで 恋をすることさえも許されないで 歌い続けて行く私 せめてこの歌を貴方に せめてこの歌を貴方に. 幕が下りれば僕ら お互いに離れ離れ 皮肉なもんだな こんな時だけ あっという間に過ぎ去るなんてさ 「またね」があれば どんなお別れもましになるね いつ言えなくなるだろう? 考えちゃだめだよなあ いつだとしても虚しくなるから ひと夏のきらめきが アイスを溶かしていく それによく似たやるせなさには ほんの少しだけ 刹那の味が 甘く混ざりあう 今日が終わるのが 悲しいから 朝日よ2度と出てこないでと 時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな 限りがあるからこそ 全ては美しいんだと そんなド正論 臆病な僕には しんどすぎて聞けたもんじゃないな 月日を重ねる度 少しずつ出来ていく クロスワードみたいな 心の隙間 埋められるのは 交わした言葉 約束の時間 いつも終わってから 漂うのは 手持ち花火の火薬の香り まとわりついて離れずに 指に残るまばゆい声と 青くて熱い耳鳴り もっと聴きたいのにな 君と作り上げた思い出と このハッピーを絶やさないように 僕は笑い声を立てる「またね」を届ける 嘆きの雨に 少し 濡れながら 地球最後の日だとしても 今日が終わるのが 悲しいから 朝日よ2度と出てこないでと 時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな もっと歌いたいのにな 解釈 太陽が沈んだら僕たち2人は離れることになってしまう。 吉岡秀隆さん『ラストソング』の歌詞 ラストソング words by ヨシオカヒデタカ music by ヨシオカヒデタカ Performed by ヨシオカヒデタカ. そう考えると最初の質問はこう変わってきます。 たとえ今日が彼女に「またね」と伝えられる最後の日だとしても 男性は涙を堪えて笑顔で伝えたかったのかもしれませんが、 堪えることは出来なかったと思います。

次の

ラスト・ソング 歌詞 山口百恵 ※ ifa.grundig.com

ラスト ソング 歌詞

いつ言えなくなってしまうのだろう、そんなこと考えちゃダメだよね。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 いつか「またね」が言えなくなる 本当の終わりが来たら、私達はどう感じるのだろうか? なかなか深い問いかけですね。 「またね」があれば どんなお別れもましになるね いつ言えなくなるだろう? 考えちゃだめだよなあ いつだとしても虚しくなるから 解釈 「またね」と言えばどんな別れも多少はマシになるね。 今日が「またね」と言える最後の日だったとしても。

次の

ラスト・ソング 歌詞 山口百恵 ※ ifa.grundig.com

ラスト ソング 歌詞

Official髭男dismさん『ラストソング』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 そんな悲しい気持ちになるのは、起きてからで十分だと言いたいんですね。 考 kanga えちゃだめだよなあ echadamedayonaa いつだとしても itsudatoshitemo 虚 muna しくなるから shikunarukara ひと hito 夏 natsu のきらめきが nokiramekiga アイス aisu を wo 溶 to かしていく kashiteiku それによく soreniyoku 似 ni たやるせなさには tayarusenasaniha ほんの honno 少 suko しだけ shidake 刹那 setsuna の no 味 aji が ga 甘 ama く ku 混 ma ざりあう zariau 今日 kyou が ga 終 o わるのが warunoga 悲 kana しいから shiikara 朝日 asahi よ yo2 度 do と to 出 de てこないでと tekonaideto 時計 tokei をぎゅっとつねったら wogyuttotsunettara 慰 nagusa めの meno 音 oto がしたよ gashitayo まだ mada 遊 aso びたりないよ bitarinaiyo もっと motto 歌 uta いたいのにな itainonina 限 kagi りがあるからこそ rigaarukarakoso 全 sube ては teha 美 utsuku しいんだと shiindato そんな sonna ド do 正論 seiron 臆病 okubyou な na 僕 boku には niha しんどすぎて shindosugite 聞 ki けたもんじゃないな ketamonjanaina 月日 tsukihi を wo 重 kasa ねる neru 度 tabi 少 suko しずつ shizutsu 出来 deki ていく teiku クロスワ kurosuwaー ド do みたいな mitaina 心 kokoro の no 隙間 sukima 埋 u められるのは merarerunoha 交 ka わした washita 言葉 kotoba 約束 yakusoku の no 時間 jikan いつも itsumo 終 o わってから wattekara 漂 tadayo うのは unoha 手持 temo ち chi 花火 hanabi の no 火薬 kayaku の no 香 kao り ri まとわりついて matowaritsuite 離 hana れずに rezuni 指 yubi に ni 残 noko るまばゆい rumabayui 声 koe と to 青 ao くて kute 熱 atsu い i 耳鳴 mimina り ri もっと motto 聴 ki きたいのになあ kitainoninaa 君 kimi と to 作 tsuku り ri 上 a げた geta 思 omo い i 出 de と to この kono ハッピ happiー を wo 絶 ta やさないように yasanaiyouni 僕 boku は ha 笑 wara い i 声 goe を wo 立 ta てる teru 「 またね matane」 を wo 届 todo ける keru 嘆 nage きの kino 雨 ame に ni 少 suko し shi 濡 nu れながら renagara 地球 chikyuu 最後 saigo の no 日 hi だとしても datoshitemo 今日 kyou が ga 終 o わるのが warunoga 悲 kana しいから shiikara 朝日 asahi よ yo2 度 do と to 出 de てこないでと tekonaideto 時計 tokei をぎゅっとつねったら wogyuttotsunettara 慰 nagusa めの meno 音 oto がしたよ gashitayo まだ mada 遊 aso びたりないよ bitarinaiyo もっと motto 歌 uta いたいのにな itainonina もっと motto 歌 uta いたいのにな itainonina. 永井龍雲 ラストソングは君へのラヴソング 作詞:永井龍雲 作曲:永井龍雲 ラストソングは君へのラヴソング ずいぶん君にも苦労かけたけど そろそろ潮時かと思うんだ 親から受け継いだこの店も どうにもならないこのご時世じゃ 今ではすっかりここもシャッター街 昔は賑わってた商店街も 向いの八百屋のおじちゃんの 明るい濁声聞こえるようだ もういいさ 泣くなよ 陽気に行こうよ 悔いはない 聴いてくれ 側にいて ラストソングは君へのラヴソング 何とかなるだろう二人だけならば 更多更詳盡歌詞 在 娘も世間並みに嫁がせて 隣りの金物屋のケン坊も 夜勤の仕事を始めたそうだ 白髪がこの頃目立って来たけど 昔は評判の美人妻 一年一度は旅しよう お互いまだまだ元気なうちは もういいさ 泣くなよ 今夜は苦手な カラオケも 聴いてくれ 側にいて ラストソングは君へのラヴソング もういいさ 泣くなよ 務めは果たした 悔いはない 聴いてくれ 側にいて ラストソングは君へのラヴソング. 今日が終わるのが 悲しいから 朝日よ2度と出てこないでと 時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな もっと歌いたいのにな. 対して彼らは、 考えてはいけないと歌の中で答えています。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 彼女と今まで作ってきた思い出と一緒に過ごしてきた幸せが 終わってしまうと自分自身に悟らせない様にするために 男性は笑いながら「またね」と彼女に伝えようとします。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

次の

Official髭男dism

ラスト ソング 歌詞

星が消え行くまで見ている 自分が演じている物語を知ることのない 物語の終わりを知ることのない 孤独な俳優のように それがオレの心を反射するように 全ての色は目に見えるようになる 朝が始まる時 オレは最後のセリフを読む 終わらない雨抱きしめた 夜が朝を迎える 心はまだ濡れたまま ずっと歩いてきた 止まることのない雨の中 詩人が痛みを感じるように 答えを見つけようとした 涙を隠そうとした でもそれは終わることなく 巡り巡るだけ 雨がやむ時ページをめくろう 第1章のページを 傷つくだけ傷ついて 解ったはずの答えを どうしてまだ問いかけてる 傷つくのは間違ってる? 痛みを感じるのは間違ってる? 雨の中にいるのは間違ってる? 夜が終わるよう願うのは間違ってる? 泣くのは間違ってる? でも分かってる 最後の歌を歌うことは間違っていない 「永遠」は色褪せていくから 気がつけばまた 一人夜の空を見つめてる 少しずつ消えて行く オレ達の思い出 傷つくだけ傷ついて 解ったはずの答えを どうしてまだ問いかけてる 赤が見える 青が見える でも 光明が次第に見えてきた 朝が始まる時 次の章にいるだろう 終わらない雨抱きしめた 夜が朝を迎える 心はまだ濡れたまま 傷つくだけ傷ついて 解ったはずの答えを どうしてまだ問いかけてる. すぐに終わってしまう 夏のきらめき. 別れ際に「またね」と言えばどんなに寂しい別れでも多少はマシに感じることが出来る、と男性は自分に言い聞かせているようにも思えます。 言えなくなる日が「いつ」だとしても虚しくなるのは変わらないとわかっているからだと思います。 皮肉なもんだな、 貴女といない時間は退屈で長く感じるのに2人でいる時間はまたたく間に流れていくんだからさ。 考 かんがえちゃだめだよなあ いつだとしても 虚 むなしくなるから ひと 夏 なつのきらめきが アイスを 溶 とかしていく それによく 似 にたやるせなさには ほんの 少 すこしだけ 刹那 せつなの 味 あじが 甘 あまく 混 まざりあう 今日 きょうが 終 おわるのが 悲 かなしいから 朝日 あさひよ2 度 どと 出 でてこないでと 時計 とけいをぎゅっとつねったら 慰 なぐさめの 音 おとがしたよ まだ 遊 あそびたりないよ もっと 歌 うたいたいのにな 限 かぎりがあるからこそ 全 すべては 美 うつくしいんだと そんなド 正論 せいろん 臆病 おくびょうな 僕 ぼくには しんどすぎて 聞 きけたもんじゃないな 月日 つきひを 重 かさねる 度 たび 少 すこしずつ 出来 できていく クロスワードみたいな 心 こころの 隙間 すきま 埋 うめられるのは 交 かわした 言葉 ことば 約束 やくそくの 時間 じかん いつも 終 おわってから 漂 ただようのは 手持 てもち 花火 はなびの 火薬 かやくの 香 かおり まとわりついて 離 はなれずに 指 ゆびに 残 のこるまばゆい 声 こえと 青 あおくて 熱 あつい 耳鳴 みみなり もっと 聴 ききたいのになあ 君 きみと 作 つくり 上 あげた 思 おもい 出 でと このハッピーを 絶 たやさないように 僕 ぼくは 笑 わらい 声 ごえを 立 たてる 「またね」を 届 とどける 嘆 なげきの 雨 あめに 少 すこし 濡 ぬれながら 地球 ちきゅう 最後 さいごの 日 ひだとしても 今日 きょうが 終 おわるのが 悲 かなしいから 朝日 あさひよ2 度 どと 出 でてこないでと 時計 とけいをぎゅっとつねったら 慰 なぐさめの 音 おとがしたよ まだ 遊 あそびたりないよ もっと 歌 うたいたいのにな もっと 歌 うたいたいのにな 幕 maku が ga 下 o りれば rireba 僕 boku ら ra お o 互 taga いに ini 離 hana れ re 離 bana れ re 皮肉 hiniku なもんだな namondana こんな konna 時 toki だけ dake あっという attoiu 間 ma に ni 過 su ぎ gi 去 sa るなんてさあ runantesaa 「 またね matane」 があれば gaareba どんなお donnao 別 waka れもましになるね remomashininarune いつ itsu 言 i えなくなるだろう enakunarudarou? 作詞:藤原聡 作曲:藤原聡 幕が下りれば僕ら お互いに離れ離れ 皮肉なもんだな こんな時だけ あっという間に過ぎ去るなんてさ 「またね」があれば どんなお別れもましになるね いつ言えなくなるだろう? 考えちゃだめだよなあ いつだとしても虚しくなるから ひと夏のきらめきが アイスを溶かしていく それによく似たやるせなさには ほんの少しだけ 刹那の味が 甘く混ざりあう 今日が終わるのが 悲しいから 朝日よ2度と出てこないでと 時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな 限りがあるからこそ 全ては美しいんだと そんなド正論 臆病な僕には しんどすぎて聞けたもんじゃないな 月日を重ねる度 少しずつ出来ていく クロスワードみたいな 心の隙間 埋められるのは 交わした言葉 約束の時間 いつも終わってから 漂うのは 手持ち花火の火薬の香り まとわりついて離れずに 指に残るまばゆい声と 青くて熱い耳鳴り もっと聴きたいのにな 君と作り上げた思い出と このハッピーを絶やさないように 僕は笑い声を立てる「またね」を届ける 嘆きの雨に 少し 濡れながら 地球最後の日だとしても 今日が終わるのが 悲しいから 朝日よ2度と出てこないでと 時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな もっと歌いたいのにな maku ga o rire ba boku ra o taga ini hana re bana re hiniku na mon da na konna toki dake attoiu ma ni su gi sa ru nante sa 「 matane 」 ga are ba donna o waka re mo masi ni naru ne itu i e naku naru daro u ? kanga e tya dame da yo naa itu da to si te mo muna siku naru kara hito natu no kirameki ga aisu wo to kasi te iku sore ni yoku ni ta yarusena sa ni ha honno suko si dake setuna no azi ga ama ku ma zariau kyou ga o waru no ga kana sii kara asahi yo 2 do to de te ko nai de to tokei wo gyutto tunextu tara nagusa me no oto ga si tayo mada aso bi tari nai yo motto uta i tai noni na kagi ri ga aru kara koso sube te ha utuku sii n da to sonna do seiron okubyou na boku ni ha sindo sugi te ki ke ta mon zya nai na tuki hi wo kasa neru tabi suko sizutu deki te iku kurosuwa-do mitai na kokoro no sukima u me rareru no ha ka wasi ta kotoba yakusoku no zikan itumo o waxtu te kara tadayo u no ha temo ti hanabi no kayaku no kao ri matowaritui te hana re zu ni yubi ni noko ru mabayui koe to ao ku te atu i mimina ri motto ki ki tai noni na kun to tuku ri a ge ta omo i de to kono happi- wo ta yasa nai you ni boku ha wara i koe wo ta teru 「 matane 」 wo todo keru nage ki no ame ni suko si nu re nagara tikyuu saigo no hi da to si te mo kyou ga o waru no ga kana sii kara asahi yo 2 do to de te ko nai de to tokei wo gyutto tunextu tara nagusa me no oto ga si tayo mada aso bi tari nai yo motto uta i tai noni na motto uta i tai noni na. そんな男性の心の中の寂しさと、1人で過ごす退屈な時間はあんなにも長いのに2人で過ごす時間は楽しくてあっという間に過ぎることに対する不満が表現されています。 すぐに思いつくのは恋人とケンカ別れしたとき、親しい人が亡くなったときあたりですね。 少し泣いているかもしれないけれど。 。

次の

山口百恵 ラスト・ソング 歌詞

ラスト ソング 歌詞

「いつ言えなくなるだろう?」といつまでもこんな関係が続いていくことはないと、 男性自身も薄々わかっているけれどそんなことは考えちゃダメだと自問自答しています。 普段は一緒の時間を過ごすことが出来ないカップルの男性が彼女と久しぶりのデートをした後、 あっという間に日も沈み始めてデートの終わりも近づいてきたことを感じて心の中でつい「皮肉なもんだな」と零してしまう。 当たり前のようにいた人が、 あるときを境にいなくなってしまう辛さ。 僕は笑いながら「またね」と彼女に言う。 一人ぼっちで僕はどこまで 歩いてゆけるというのか 背負いきれぬ痛みの数だけ 夢を見てしまうのは何故だろう はいつくばり立ち上がること 君は教えてくれた もう君の後も追えない 光を失くしてしまったまま 今こうして歌ってる 君の痛みを抱きしめたまま 今こうして歌ってる 生きてくつらさを かみしめるため・・・君のために 一人きりで生きてく強さを 涙で歌えばいいのか やさしさのかけらも拾えずに 君が消えてゆくのは何故だろう 闇の中君の言葉を 信じて生きてきたさ もう後戻りもできない この道が続く限り僕は 今こうして歌ってる 目指す道もわからぬままで 今こうして歌ってる 生きてく答えがわかるその日まで 今こうして歌ってる 君の痛みを抱きしめたまま 今こうして歌ってる 今こうして歌ってる・・・君のために. 吉岡秀隆さん『ラストソング』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

次の

Official髭男dism

ラスト ソング 歌詞

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 では「またね」が言えなくなるとき、それはどんなときでしょうか? 彼らは私達に歌の中で問いかけてきます。 私達は別れる時「またね」と言って、 無意識のうちに寂しさを和らげています。 ラストソングは君へのラヴソング ずいぶん君にも苦労かけたけど そろそろ潮時かと思うんだ 親から受け継いだこの店も どうにもならないこのご時世じゃ 今ではすっかりここもシャッター街 昔は賑わってた商店街も 向いの八百屋のおじちゃんの 明るい濁声聞こえるようだ もういいさ 泣くなよ 陽気に行こうよ 悔いはない 聴いてくれ 側にいて ラストソングは君へのラヴソング 何とかなるだろう二人だけならば 娘も世間並みに嫁がせて 隣りの金物屋のケン坊も 夜勤の仕事を始めたそうだ 白髪がこの頃目立って来たけど 昔は評判の美人妻 一年一度は旅しよう お互いまだまだ元気なうちは もういいさ 泣くなよ 今夜は苦手な カラオケも 聴いてくれ 側にいて ラストソングは君へのラヴソング もういいさ 泣くなよ 務めは果たした 悔いはない 聴いてくれ 側にいて ラストソングは君へのラヴソング 基本情報. ひと夏のきらめきが アイスを溶かしていく それによく似たやるせなさには ほんの少しだけ 刹那の味が 甘く混ざりあう 解釈 君と作ってきた思い出と。 。

次の

Official髭男dism

ラスト ソング 歌詞

。 。 。 。 。 。

次の

ザ・ラスト・ソング / THE LAST SONGの歌詞和訳

ラスト ソング 歌詞

。 。 。 。 。 。

次の