コロナ マーク 2。 トヨタ・コロナ

マークII(トヨタ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

コロナ マーク 2

4月 - マイナーチェンジを受け、車体の側面にモールが追加された。 8〜 168万円 242. 既存車はATシフトロックを追加。 2000GTがトヨタが開発したスーパースポーツカーなのに対し、1600GTは大衆向けのスポーツクーペ。 。 3代目の生産台数は57万8534台。 また、スポーツモデルとして、前期型に限り直列4気筒の18R-GEU搭載の「 GT」もあった。

次の

さらばトヨタ マークX! 令和元年に終わるマークIIからの歴史を辿る【前編】

コロナ マーク 2

2004年4月発売モデルについては、ラグジュアリー仕様のグランデシリーズに「グランデG」「グランデ」が、スポーティ仕様のiRシリーズには「iR-V」「iR-S」「iR」が、4WDモデルには「グランデG Four」「グランデFour」のグレードがそれぞれラインアップされています。 ハードトップの2. 0Lなどの3ナンバー車は設定されなかった。 また、居住性・性能向上の観点から小型タクシーのクラスアップが進んだ。 5Lグランデをベースとした快適装備の「グランデレガリア」、充実装備の「グランデリミテッド」を設定した。 4ドアセダンでは視界の良さを強調する古典的なノッチバックスタイルを採用。 リクルート株式会社. セダンとハードトップの後部のナンバープレートをの下に移設。 その後しばらく抜きつ抜かれつの状況が続いたが、1965年末頃からは第1位の座を磐石なものにした。

次の

トヨタ企業サイト

コロナ マーク 2

5Lの5K-Jに変更された。 0Lで、フラグシップ2600グランデには直6の2. それに伴い18R-GEU搭載の「GT」廃止。 しかし、あまり好評とはいえず、連続ベストセラーの記録もここで途切れる。 このモデルの愛称は「ブラボーコロナ」。 X90系まで搭載された4S-FEは廃止となった。 12月 - 後述する9代目(T170系)コロナの販売開始に伴い自家用向けT140系セダン、およびバンの販売終了。

次の

トヨタ企業サイト

コロナ マーク 2

8月 - マイナーチェンジで内外装を変更。 5L 2. さらに初期のテレビCMでは、ブルーバードのCM出演者のを連想させる白スーツの男が噴水に落下するシーンを入れており、ブルーバードとの本格的な対決姿勢を表面に出していた。 モデル末期の4月には、昭和48年対策を受けた。 マークII本来の豪華さと走りを一段と磨き上げていた。 これは筆者の考えだが、1968年9月に登場した初代コロナ マークIIは、2代目以降のモデルとは少々キャラクターが異なる。 ステーションワゴンモデル [ ] マークIIクオリス(1997年 - 2002年) [ ] 詳細は「」を参照 1月に、マークIIクオリスの後継車として「 (MARKII BLIT)」が発売された。

次の

トヨタ

コロナ マーク 2

また、横一列タイプだったリアガーニッシュとテールランプは左右に分割させて小型化し、リアをからに移動させた。 0Lに変更した YX78V。 形式コードは9代目のX110である。 その後も大衆車、ファミリーセダンとして安定した人気を博したコロナは、実は海外で初めて販売されたトヨタ車です。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

トヨタ トヨペット コロナマークⅡ (初代 1968

コロナ マーク 2

1968年にデビューした「トヨペット・コロナ マークII 1600デラックス」。 コロナプレミオがブランド終了となったあとは「」として系統を継承している。 このときにブランド名を「トヨペット」から「トヨタ」へ変更。 - ここまでの新車登録台数の累計が17万7374台 に達する。 9月 - マイナーチェンジ。 0ディーゼル4WD)、EXサルーン(1. なお、ハードトップはトヨタ車体、バンとワゴンは関東自動車工業が開発を担当した。

次の

トヨタ企業サイト

コロナ マーク 2

開発コンセプトは「堅気になろう三代目」。 GT系(T160系)は前輪駆動のカムリ・ビスタ同様の5穴ホイールとなる。 4万円 12. 0ディーゼル・2C)」「DX(1. 8月 - マイナーチェンジ。 コロナバン• 旧モデルに存在したスポーティーモデルのGSSはカタログから落とされ、代わって登場したのが豪華な装備と3ナンバー枠に属する2600グランデのシリーズだったわけである。 - コロナクーペの後継車種での姉妹車種• なお、兄弟車には「クレスタ」「チェイサー」があります。

次の

さらばトヨタ マークX! 令和元年に終わるマークIIからの歴史を辿る【前編】

コロナ マーク 2

それまでの教訓を生かし、海外市場でも通用する高性能、高品質の車を目指し開発された。 4L 直4 ターボ 2L型 ディーゼル2. クラウン用の6気筒ユニットを搭載したLシリーズである。 トランスミッションには電子制御4速AT(ECT-S)と5速マニュアルが用意された。 ソレックス・ツインキャブ。 グランデ系の下には「 グロワール Groire 」というグレードが設けられた。

次の