デバイス の プライバシー 設定 の 選択。 【Windows 10】プライバシー設定を見直して個人情報の送信を止める:Tech TIPS

Windows 10 を導入したらまずはプライバシー設定を見直そう!(勝手に個人情報を送信されるのを防ぐ)

デバイス の プライバシー 設定 の 選択

米LifehackerがMicrosoftにこの点について問い合わせたところ、以下のようなコメントが返ってきました: これは手書き入力やタイプ入力に関する機能で、ユーザーはいつでもオフにできます。 あとは、カメラ撮影機能のあるアプリで位置情報を無効にして、撮影場所のデータが残らないようにするという使い方もある。 すべてのアプリやサービスからメッセージへのアクセスを止めたい場合はオフにしておきましょう。 「エクスペリエンス調整」と「診断データを表示する」はどちらも「オフ」にしておけばよい。 この3つの中で重要なのが先ほどからお伝えしている 個人情報の収集に関わる「 デバイスのプライバシー設定の選択」です。 左下の「WebとWindowsの検索」のボックスをクリックして、左側のサイドバーにある設定アイコンをクリック。

次の

デフォルトのままは危険? 「Windows 10」のプライバシー設定はこう変えよう

デバイス の プライバシー 設定 の 選択

モバイルパソコンなどの場合は、 位置情報を地図アプリなどに提供し、 短時間で周辺の地理情報を表示できることがあります。 すべてのアプリやサービスから連絡先にアクセスさせたくない方はオフにしておきましょう。 [基本]診断データは、デバイス、その設定と機能、正常に機能しているかどうかに関する情報です。 手描き入力やタイプ入力のデータがMicrosoftに送信されることになるので、個人情報の送信が気になる場合は「オフ」にしておく。 だが、それらはこのプライバシー設定とは無関係であり、それぞれのブラウザー側で設定する必要がある。

次の

Windows10

デバイス の プライバシー 設定 の 選択

ただし、認識機能はWindowsクラウドベースの音声認識サービスの方が、デバイス ベースの音声認識より強力です、オンライン音声認識をオフにした場合、クラウドに依存せずデバイスベースの認識のみを使用する音声認識サービス ナレーター アプリやWindows音声認識アプリなど は動作し、Microsoftによる音声データ収集は行われません。 (3)Cortanaやその他の学習などに用いたデータが削除される。 ここでは各項目でどんな設定ができるのかひと通りご紹介します。 自分で設定を変更していない場合、IT 管理者がデバイスに影響を与える変更を加えたか、別のデバイスで行った変更がこのデバイスと同期されている可能性があります。 「あなたに関する情報の収集」は、たとえば「入力履歴」を、いつどこで収集するのか、具体的に説明していません。

次の

デフォルトのままは危険? 「Windows 10」のプライバシー設定はこう変えよう

デバイス の プライバシー 設定 の 選択

ここを見ると、どのような情報が保存されているかが分かるだろう。 これはあまりに大ざっぱなので、あとでもう少し詳しく説明します。 ここで厄介なのが、ほとんどの設定がデフォルトでオンになっていること。 また、設定項目によっては、停止することによってパソコンの負荷を若干軽減できます。 Skype for Business のメイン ウィンドウで、[ オプション] ボタンの隣の矢印をクリックして [ ツール]、[ オーディオ デバイスの設定] の順に選択します。 アプリのアクティビティ情報は、アプリ互換性テストに優先順位を付け、最も利用されているアプリや機能の強化を行うのに役立ちます。

次の

Windows 10 を導入したらまずはプライバシー設定を見直そう!(勝手に個人情報を送信されるのを防ぐ)

デバイス の プライバシー 設定 の 選択

アプリごとにオン/オフの設定が可能です。 デバイスとの同期 オンの場合、他のデバイスと自動的に情報の共有を行います。 (5)収集しているデータに関する情報ページが開かれる。 。 また、使用するアプリ(現在のところ「Windowsユニバーサルアプリ」のみ)によっては、位置情報や連絡先などの情報にアクセスすることもあります。

次の

再起動してプライバシー設定を適用する

デバイス の プライバシー 設定 の 選択

たとえば、アカウントの画像、背景、マウスの設定、Microsoft Store アプリの設定、個人用辞書、Web ブラウザーの履歴とお気に入りが同期されます。 Microsoft Edge では、手描き入力 手書き入力 で Web ページにコメントを付けたり、メモを入力したりしたうえで、そのメモをクリップ、保存、共有できます。 その中から「プライバシー」を選択し、プライバシー設定の各項目についてチェックしましょう。 診断データ ビューアー ツールを実行することで、お使いのデバイスがサンプルに含まれているかどうかと、デバイスからどのようなデータが収集されているかを示すアイコンを表示できます。 さらに総合的に位置情報を保護するには、デバイスで無線ベースのコンポーネント Wi-Fi、Bluetooth、携帯電話モデム、GPSコンポーネントなど を無効にすることを検討してください。

次の

Skype for Business のオーディオ デバイス オプションを設定する

デバイス の プライバシー 設定 の 選択

Cortana は、Microsoft アカウントでのサインイン時にユーザーのデバイス、接続を選択した Microsoft とサードパーティ サービスからのデータの使用が許可されているときに最大限の機能を発揮します。 こうしたサービスの大半はオプトイン方式なので、使う気がなければそれほど心配する必要はありません。 Cortanaは非常に便利なのですが、Cortanaの機能改善のためにさまざまな情報が収集されています。 本記事では、このプライバシー設定機能について解説する。 ただしMicrosoftアカウントを使用しない場合、Windowsストアでアプリをダウンロードできませんし、上で説明した同期に関連する機能は使えなくなります。

次の