シコ ふんじゃ っ た 映画。 シコふんじゃった。

笑えて泣ける弱小相撲部!「シコふんじゃった。」 [映画] All About

シコ ふんじゃ っ た 映画

喰い付け。 名言15・・・穴山教授 「相手は強い。 大切なのは夢中で打ち込めるものを見つける事。 映画を楽しんだという充実感でいっぱいでホールを出ることができました。 監督の周防正行さんの実質的な監督出世作となりました。 『』 製作年:1992年 製作国:日本• 竹中直人さんの普通ではないパワーが笑いを呼びます。 間宮正子: 春雄に憧れて教立大学相撲部となった。

次の

シコふんじゃった。|映画の名言|名言、集めました

シコ ふんじゃ っ た 映画

でも、面白い。 監督の初期の作品で、あまりホール上映も見かけないと思っていたら作品でした。 そして、清水役の竹中直人さん。 小学生の腕白相撲の力士たちにさえ軽く投げ飛ばされる秋平たちを見て、教授がついに本腰を入れた……。 昇格後は卒業した。 さらに春雄に思いを寄せるデブ女の正子がマネージャーとして参加して…。

次の

シコふんじゃった。の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

シコ ふんじゃ っ た 映画

翌日から練習を始める相撲部だが、すぐに強くなるはずはない。 今やベテラン俳優さんたちの 若い頃が見られて面白い。 あらすじ 伯父のコネで一流企業の就職が決まっていた山本秋平は、卒業に必要な単位が足らず穴山教授に呼び出される。 背後に流れる懐メロ音楽がそのムードに拍車をかけるように不思議な癒し効果をもたらしてくる。 本木さん演ずる大学生は、就職はコネで既に決まっているものの、卒業が危ういという大学生で、その単位を教授と交渉し相撲部を立て直せば卒業単位がもらえるというものです。

次の

笑えて泣ける弱小相撲部!「シコふんじゃった。」 [映画] All About

シコ ふんじゃ っ た 映画

ダメ出しがあるとすれば、主人公の弟・ 春雄を演じた 宝井誠明の棒読みが目立つくらい?ある意味見所になっちゃってるし、デビュー作だから仕方ないとも思うけどwでもこうした 棒読み演技も含めたあどけなさも相まって、本当にゆるりと鑑賞できてしまうコメディタッチの青春ドラマになっていて、主人公の 秋平が相撲を通して少しずつ真剣になっていく姿には素直に好感を持ててしまうし、最後はほんのり感動もさせてくれる。 3人がこのレビューに共感したと評価しています。 派手な友情、恋愛の映画ではないけれど、何の才能もない若者たちを丁寧に魅力的に描いてるのでパワーをもらえました。 秋平をはじめ素人を集めて何とか出場した大会では当然のごとく惨敗。 この絶妙のアンバランスがなんとも心地よいのです。 爆笑どころをすべてかっさらってます。

次の

シコふんじゃった。 : 作品情報

シコ ふんじゃ っ た 映画

だから、観客をこんなに夢中にさせてしまう。 主題歌:おおたか静流「」「」• はっきり言ってそんな高尚な作品というわけではないですが、 邦画らしいゆるりとしたコメディなのでとても観やすく、若者の成長を優しく描いた良作だと思います。 さらに春雄に思いを寄せるデブ女の正子がマネージャーとして参加。 そして夏合宿を経て、ようやくリーグ戦出場。 スポ根ものの王道でも邦画初の相撲を取り上げた物語を、笑いを交えながら見せていく演出力は見事。 竹中直人さん演じる唯一の本部員の青木、男の戦いに情熱を注ぎたい山本の弟、太めのオタク田中、イギリス人留学生のジョージ、どの登場人物もキャラが立っていて、それぞれの部員たちが、だんだんと相撲に打ち込んでいく様は本当に熱い。 さらに、夏休みには相撲部監督である穴山の実家で合宿を行うが、それはなぜか練習らしい練習もせずに、ひたすら食べては寝るだけという内容だった。

次の

シコふんじゃった。

シコ ふんじゃ っ た 映画

そしてエンディングである。 教立大学相撲部は優勝するのだった。 【コラム VOL. ある日、卒論指導教授の穴山に呼び出される秋平。 名門相撲部復活をかけて厳しい練習の毎日が続く。 高校時代まで友達がおらず、人から誘われた経験も無かった。 ぜんぜん現実がわかっていなくて相撲部に入っても「全然やる気がでない」主人公秋平ですが、厳しいOB熊田にタンカを切ってからは相撲一筋に頑張ります。 1991年製作/103分/日本 配給:東宝 ストーリー キリスト教系の教立大学4年の秋平は、父親のコネで就職も決まり、残りわずかな大学生活を思いっきりエンジョイしていた。

次の