浜辺 美波 横浜 流星。 浜辺美波×横浜流星、和装2ショット公開「私たちはどうかしている」

浜辺美波&横浜流星、和菓子屋を舞台にラブミステリー「私たちはどうかしている」ドラマ化

浜辺 美波 横浜 流星

。 このほか敵か味方か?光月庵の職人たちには、、岡部たかし、、草野大成らも起用された。 脚本は「のだめカンタービレ」や「偽装不倫」などの衛藤凛さん、演出は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」「あなたの番です」などで知られる小室直子さんと「家売るオンナ」「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」などの猪股隆一さんが担当。 撮影は6月から再開されており、3月に物語の舞台となる石川県金沢市で行われた、2人の関係が急接近するシーンの撮影直後のオフショットも解禁。 少しでも多くの方に和菓子の魅力も伝えることができれば良いなと思っています」と真摯な姿勢で役に挑んでいる。 浜辺美波さんは、まだお若いですから、キスシーンを演じたこがありません。 山口耕一役 和田聰宏 コメント "職人"という響きに憧れがありました。

次の

浜辺美波&横浜流星の美しい和装姿!「私たちはどうかしている」新ビジュアル

浜辺 美波 横浜 流星

互いに初恋だったはずの七桜と椿は、 容疑者の娘と被害者の息子となり、憎み合ったまま離ればなれに…。 そして、一見クールなのに情熱や使命感にあふれ、不器用で可愛い一面も持つ椿には、その涼しげなルックスからは想像できないほど、お芝居に対して熱くて真摯(しんし)で、でも人懐っこい少年のような一面もお持ちの横浜さんしかいないと思い、 オファーさせていただきました。 全力を尽くしますので、ぜひご期待ください」とアピールしている。 今回、素晴らしいキャスト、スタッフの皆さまが関わる『私たちはどうかしている』に出演できる事を心から幸せに感じております。 弟は、横浜流星さんの1つ年下で【1998年3月13日】生まれで大の仲良し。 金沢の町並みを背景に、また違う和装姿の2人が写し出されている。 互いの印象を聞かれた浜辺さんは「横浜さんは笑わないイメージがあって、怖いのかなと思ったら、そんなことなくて。

次の

横浜流星・浜辺美波の新ドラマ「私たちはどうかしている」原作は無料で読める!

浜辺 美波 横浜 流星

大倉百合子役 中村ゆりコメント この度七桜の母、大倉百合子役を演じさせていただきます。 それぞれに復讐や陰謀があり、どうかしていると自覚している狂気はしたたかで、和菓子と相まって鮮やかだと思いました。 そして、彼の息子の証言から、 住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。 高月樹役を通して原作のイメージに近く演じられたらと思っております。 趣味は、本を読むこと、映画を見ること、おいしいものを食べること。

次の

浜辺美波&横浜流星の美しい和装姿!「私たちはどうかしている」新ビジュアル

浜辺 美波 横浜 流星

高月樹役を通して原作のイメージに近く演じられたらと思っております。 とてもきれいな名前で、イケメン。 同じ頃に上映される映画 「思い、思われ、ふり、ふられ」でも浜辺美波さんのキスシーンがあるのでは?と噂になっているので、映画からもドラマからも目が離せません。 杉田綾人役、草野大成です! 3月に物語の舞台となる金沢市での撮影がスタートし、6月から撮影が再開された。 受け継がれてきた伝統を守ろうとする和菓子屋の大旦那の心情が自分自身とも重なります。

次の

浜辺美波&横浜流星W主演ドラマに高杉真宙、岸井ゆきの、山崎育三郎ら出演

浜辺 美波 横浜 流星

️原作を読ませていただきましたが、一つ一つの漫画のタッチが、すごく繊細で綺麗な印象を受けました。 撮影は始まったばかりですが、素敵な作品になるよう一丸となって頑張ります」と地元がロケ地となっていることに喜びを隠せない様子だ。 小学校が記載されておりませんでしたが、小学校6年生の時の夏休みで原宿に行った時に 現在の事務所【スターダストプロモーション】にスカウトされたそうですよ。 創業400年の老舗和菓子屋「光月庵」の跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)を演じるのは、「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 私にとって、挑戦となるシーンもたくさんあるので、丁寧に、激しくそして豊かに作り上げていけたらなと思います。 ドラマは老舗和菓子屋を舞台とした作品で、爽やかな萌黄(もえぎ)色に、白や薄紅色の花をあしらった着物に身を包んだ浜辺さんと、紺の着物と羽織をまとった横浜さんの和装姿が写し出されている。

次の

浜辺美波×横浜流星、和装2ショット公開「私たちはどうかしている」

浜辺 美波 横浜 流星

おまけに一視聴者として楽しんできた日テレさんの水曜10時! とても光栄です。 原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部超の『私たちはどうかしている』(安藤なつみ著、既刊12巻)。 和装について感想を聞かれた浜辺は「きれいな着物が多くて楽しいです。 この美しさを伝承し築きあげてきたのは人間ですが、如何せん人間は美しさだけでなく醜さも持ち合わせているからややこしい。 浜辺は、「わたしにとって、挑戦となるシーンもたくさんあるので、丁寧に、激しくそして豊かに作りあげていけたら」と語っており、一方の横浜は「椿を演じさせていただくことにプレッシャーを感じていますが、みなさんの期待に応えられるように、椿と向き合い、光月庵や和菓子に対する情熱や想い、孤独さや苦悩を繊細に演じられればと思います」と意気込んでいる。 ヒット作を生んだスタッフとの化学反応により紡ぎ出される、2人の素敵な演技にますます注目が集まる。 同ドラマの原作は、「BE・LOVE」(講談社)で連載中で、累計発行部数200万部超の安藤なつみの同名コミック。

次の