オクラ コンパニオン プランツ。 オクラとコンパニオンプランツ

のほほん農園(5月初旬)☆オクラのコンパニオンプランツ

オクラ コンパニオン プランツ

このような工夫をすれば、長くオクラを楽しむことができますね。 また効果を保証するものではありません。 家庭菜園などの限られたスペースでも活用できるのもよいところです。 ネギ ネギ類 キャベツ マメ類 育成を阻害する ネギ属 ニラ マメ類 生育を阻害してしまうので混植を避けて下さい。 風味が増す。 お互いにつきやすい虫を防ぐと言われている。

次の

ナス コンパニオンプランツ

オクラ コンパニオン プランツ

オクラ栽培は初心者におすすめ オクラは、アフリカ原産の野菜です。 野菜と相性の良いコンパニオンプランツの組み合わせ <トマト> おすすめのコンパニオンプランツは、 ネギや ニラなど ネギ類。 土中の水分を調整し風味を良くする。 相性の悪い組み合わせ例と理由 主とする野菜 避けたい野菜 理由 ゴマ キャベツの生育が悪くなる イチゴ イチゴの生育が悪くなる メロン 「」など線虫害の発生する畑では被害が増大する ジャガイモの生育が悪くなり収量が減る ネギが出す成分を嫌って避けるようになり、ダイコンが曲がったり二股になったりする トマトの生育が悪くなる どちらも日光を好むため、草丈の高いトウモロコシの影になり生育が悪くなる レタスの生育が悪くなる 野菜全般 ラベンダー ローズマリー 生育が悪くなる. トマトとバジルを一緒に植える時の 注意点としては、主役をトマトにしたい場合、 トマトがバジルに負けないように工夫することです。 コンパニオンプランツには相性があり、組み合わせを間違えてしまうと、互いに生育が悪くなってしまうので注意してください。

次の

コンパニオンプランツの基本と効果的な一覧。実践法も図解で徹底解説

オクラ コンパニオン プランツ

(バンカープランツ) クリムソンクローバー タマネギにつく害虫「」を引き受け、天敵も呼び寄せる。 したがいまして、少ない肥料でもオクラの生長促進が期待できます。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 つる割病や青枯病などの病気を防ぐ。 異なる種類の野菜を混植すると、害虫は混乱し、目当ての野菜を探すのが難しくなります。 (前章参照)このとき、 最終的にどれくらいの大きさになるかを考えて、 配置の距離などを考えましょう。

次の

園芸家が選ぶ!手軽なコンパニオンプランツ5選【家庭菜園向け】

オクラ コンパニオン プランツ

キク科のマリーゴールドには特有の青臭い香りがあり害虫よけにもなります。 収穫の目安は、開花から1週間ほどです。 あいにく下弦前の明るい月が夜空を照らしているため、 目にできる流れ星の数は少なくなりそうだ。 あとはたまに、相性の悪い組み合わせもありますので、今回ご紹介したもの以外は 一度確認してからのチャレンジをおすすめします。 セリ科 、 ミツバなど 独特の香りで害虫防除に役立つ。

次の

オクラ栽培のコンニオンプランツ|収穫後はそのまま次の野菜に有効利用!

オクラ コンパニオン プランツ

また、ナスの大きな葉がパセリに陰を作り、 直射日光が得意でないパセリもよく育つ環境を作ることができます。 ミント類は、害虫が寄り付かなる効果があり、殺菌効果も期待できます。 ・ニンジンと相性が良く、害虫を遠ざける。 雑草を押さえ育成を助ける。 風が逃げるように、ヒマワリを風上と風下に植えて障壁を作っておきますと壁になってくれますので、オクラの倒壊や傷みを防いでくれます。 土に潜むセンチュウ オクラは「センチュウ(線虫)」という寄生虫が付く場合があります。

次の

オクラの後作に良い野菜と栽培の裏技|コンパニオンプランツで生育促進・害虫忌避

オクラ コンパニオン プランツ

クリムソンクローバーは葉に大量のアブラムシなどが付きますが、そのうち益虫のテントウムシも呼び込み「すみか」に変わります。 ローズマリー ラベンダー ハチなど益虫を呼び寄せる。 病害虫予防 ラディッシュ レタス シュンギク マリーゴールド モンシロチョウ、ヨトウムシの被害から守ってくれる。 トマトがある程度大きくなってから、バジルを植える方がよいでしょう。 また害虫の天敵もやってきますので、害虫退治をしてくれます。 晴れている日なら、種を蒔いてからしっかり踏みつけます。

次の

ナス コンパニオンプランツ

オクラ コンパニオン プランツ

セロリ アブラムシを防ぐ。 表の 青い文字の野菜は、具体的な栽培ポイントの記事にリンクしています。 エダマメ 元気に育つ。 (オクラのタネを少し割るって方もいるようです) *オクラは発芽適温が高く、 15度~25度くらいで発芽すると言われています。 毎日の励みとなっています. ウリ科 、 など マメ科と相性がよい。 しかし、お互いよい影響を与えあう異なる植物同士を一緒に植えることで、特定の虫が過剰に発生したり、病気が一面に広がったりしてしまうことを防ぐことができます。 3.野菜の成長を促進 異なる種類の野菜と野菜を近くで育てますと、それぞれの根っこが助け合い・伸び・吸水し、空気の通りが良くなることがあります。

次の