ゲイリー ペイトン 2 世。 索引「げ」4ページ目

八村を欠くウィザーズが9勝目 緊急補強のペイトン2世がダブルダブル― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ゲイリー ペイトン 2 世

先発する試合も以前より減り、出場時間はと分け合いながら1試合平均28. フィールドゴールの成功率は55・1%、3点シュートの成功率も37・8%と好調で、それが評価されて西地区選出の12人の中に名を連ねた。 翌1994-95シーズン、ソニックスは57勝25敗でリーグ4位タイの成績、平均20. 再び6スティールもマークし、今季NBAで複数試合での6スティールを記録した3人目の選手となった。 ペイトンは一時期父親にバスケットボールのプレイを禁じられ、学業に専念させられた。 3ブロックを記録した。 0スティールパーセント(選手がコートに立っている時間帯で相手のポゼッションがその選手のスティールに終わったプレーの割合)を誇った。 ブルックスHCは 試合後、「どんなコーチでも欲しがる要素を持ち合わせている。

次の

【NBA】レジェンドが語るオールスター、「マジックとマイケルは敵として戦いたい。俺のゲームをより良くしてくれる」とペイトン

ゲイリー ペイトン 2 世

今年に関しては、ワシントンで自分の居場所を見つけることが出来ている気がする。 その週は1試合平均30. 彼は努力しているよ。 ペイトンの父親は、主に90年代にスーパーソニックス(現サンダー)で一時代を築いたPGのゲイリー・ペイトン。 記録しているスティールの多くはオフボールまたはヘルプディフェンスの際に起こっている。 現役時代、試合中であろうと練習中であろうとおしゃべりなことで知られたペイトン。 チーム成績はリーグでも上位あるいは中堅以上であり続けたが、プレーオフではカンファレンス・ファイナルに進出できないままだった。

次の

ゲイリー・ペイトン2世 NBAの舞台で戦えることを証明

ゲイリー ペイトン 2 世

外部リンク [ ]• NBAファイナル進出と全盛期 [ ] 次の1995-96シーズンは、ペイトンのキャリアのハイライトとなった。 今年のオールスターで初選出されそうな選手については「(ミネソタ・ティンバーウルブズ)はまだオールスターに選出されたことがないけど、選出されるべきだと思うね。 少年時代からバスケットボールを熱心にプレイしており、高校時代には成績にも悪い影響が出るほどだった。 キャプテンがチームメートを指名するだなんて、まるでプレーグラウンドのようだ。 そして、実際の彼の活躍を見ていると、その決断がいかに難しいことであるかは容易に想像できるでしょう。 ペイトン自身は平均16. ペイトン2世が初めてコートに登場した時、ウィザーズは劣勢な状態だった。 げ 数字• 1月15日、とツー・ウェイ契約を結んだ。

次の

【NBA】ウィザーズの“守備職人”を敵将も絶賛 リーグトップのスキルは名PGの父親譲り(THE ANSWER)

ゲイリー ペイトン 2 世

」 続く試合でペイトン2世は10得点、5リバウンド、5アシスト、今季初となるブロックも2つ記録した。 (ウルブズ)もすばらしい。 ここに居る彼らは、僕がやっていることに感謝し、価値があると考えていると思うから、僕は毎日彼らのために働く。 」 NBAでジャーニーマンとしての役割も経験済みなアイザイア・トーマスは実力を疑うリーグ関係者に認めてもらうためには何をすべきかを理解しており、その素質がペイトン2世にも見られると話す。 そしてボールを引き寄せるコツを持ち合わせている。 男子年間最優秀選手 1999• それが結果として出ている。 」 ペイトン2世がもたらすディフェンスでの多様性は一緒にコートに立つチームメートの仕事を楽にする。

次の

八村を欠くウィザーズが9勝目 緊急補強のペイトン2世がダブルダブル― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ゲイリー ペイトン 2 世

1 月のオーランド戦後にトロイ・ブラウンJr. 翌シーズンには堅実でオールラウンドなを獲得、チームは63勝19敗でリーグ最高の成績でシーズンを終えた。 」 大学時代からディフェンス力を自分の特徴としてきた。 85スティールで3年連続オールNBAセカンドチーム入り、またディフェンス面でも貢献し、に選ばれた。 以後ペイトンがソニックスにいる間は優勝のチャンスはなく、再び優勝に挑戦するのは数年後に移籍したあとのことだった。 This site is operated jointly by NBA and WarnerMedia. さらに、「もしあなたが現役の時にこのシステムが導入されてキャプテンとなったら、どの選手を指名しますか?」と聞かれると、ペイトンは思わず笑った。 リーグ首位の成績でシーズンを終えたものの、ソニックスはプレイオフでこのシーズン42勝40敗だったに2勝3敗で敗退を喫した。

次の

ゲイリー・ペイトン

ゲイリー ペイトン 2 世

ソルトレイク・コミュニティーカレッジ(ユタ州)での2年間を経て、残り2年間を転入したオレゴン州立大学で過ごした。 34分の出場で10得点、11リバウンド(うちオフェンス4本)でいきなりダブルダブルを達成。 戦力的には崖っ縁の状況。 ペイトンは同年夏のでの一員として参加。 ミッチ・リッチモンド(元サクラメント・キングスほか)がMVPを獲得した95年だ。

次の

ゲイリー・ペイトン2世とは

ゲイリー ペイトン 2 世

チーム成績は64勝18敗とリーグ2位、ソニックス史上最多の勝ち星を上げ、このシーズンはプレイオフを勝ち上がっていった。 更には1試合最多記録となる7ブロックもマーク。 トレイ・ヤング対策について「みんなが素晴らしい働きをした」と話したペイトン。 2ndチーム 1991• 90年代ではポイントガードとして193センチの長身だったため、ポストプレーもこなし、リング下ではスクープショットなどで得点を量産。 記録を数多く残した大学時代だったが、2016年ドラフト指名を受けることはなかった。

次の