ノーラ エンジニアリング。 「ノ―ラエンジニアリング」様

CFジョイント 製品カタログ ノーラエンジニアリング

ノーラ エンジニアリング

その加工拠点は、「愛知川工場」(滋賀県)や「東北ノーラ株式会社」(福島県)など、全国に6拠点がありますので、ほぼ、全国の現場を網羅することが可能です。 。 「製造工程、品質管理、性能試験を見学させていただき、よく理解できました。 佐野 裕(Yutaka Sano) 営業部 部長. 現場で施工される配管加工の多くは、「溶接接合」または「ねじ込み接合」です。 給排水や空調に配管は絶対必要なもので、製品を通じビルに命を吹き込む役割を担っています。 当社の配管は空港や駅舎、超高層マンション、高層オフィスビル、大規模な工場、学校、病院などの重要施設に供給され、社会貢献性は十分です。 私たちノーラエンジニアリングは、 これらのニーズにいち早く対応した、 究極の溶接レス・継手レスの配管加工技術である ノーラ工法によるプレハブ配管加工技術を開発し、 微力ながら施工の合理化に貢献してまいります。

次の

ノーラエンジニアリング株式会社|採用情報

ノーラ エンジニアリング

詳細情報. ・従来形よりもボルト本数が半減、半根角ボルトの採用でスパナ1本で締め付け可能 ・従来形よりも重量も半減 ・従来形よりも外径もコンパクト ・フランジ形接合につき、抜管漏水事故の心配不要 ・ボルトの締め過ぎで、ガスケットが割れて漏水することがありません ・締め付けボルトのトルク管理が不要 ・施工後のボルトの増し締めが不要 ・炭素鋼鋼管、ステンレス鋼管いずれも製造可能 ・配管の分解、横抜き出し、ガスケットの交換が容易 ・ガスケットは給水・給湯兼用タイプ ・サイズ範囲:65A〜400A 詳細は『ダウンロード』よりご確認ください (). 当社の配管は、公共施設や大型建築に使用されることがしばしば。 私たちノーラエンジニアリングは、これらのニーズにいち早く対応した、究極の溶接レス・継手レスの配管加工技術であるノーラ工法を開発し、配管施工の合理化に貢献しています。 配管加工メーカーの最低限の条件は、優れた溶接加工技術となります。 もっともポピュラーな「ねじ込み接合」は、80A(3B)が上限とも言われており、100A(4B)以上の配管を「ねじ込み接合」すると太さに比例して不適合率が高まるとされております。 ステンレス配管は、耐久性、衛生性、リサイクル率が優れていると高く評価されておりますが、どうしても施工性に課題がありました。 これからも、未来の都市を支え続けます。 また、製品開発にも積極的で、、、、、、、などがラインナップされております。

次の

ノーラエンジニアリング株式会社|採用情報

ノーラ エンジニアリング

これからも、配管のエキスパート集団として常識にとらわれない発想で、お客様のあらゆるニーズにお応えした配管を提供してまいります。 そんな中で省力化に貢献できる当社の市場価値は十分です。 それが、炭素鋼鋼管以上にステンレス鋼鋼管ですと、ねじ込みによる焼き付けが起こり易く、ますます、不適合率が高まってしまいます。 0Mpa以上 拡管式 の水圧に耐えるメカニカルジョイントをご覧いただくことで、更なる信頼性を感じていただきました。 ノーラエンジニアリングは配管のエキスパート集団 ノーラエンジニアリングは配管のエキスパート集団です。 配管を取り巻く環境も、最新の建築工法をはじめ、 労働力・熟練工不足に対応出来る合理化工法に加えて、 最近では更に長寿命化、環境・リサイクル 問題まで幅広いニーズが求められて来ています。 これは独自のつば出し加工で、ボルト・ナットで接合する溶接不要の鋼管接合法です。

次の

ノーラエンジニアリング株式会社|会社概要

ノーラ エンジニアリング

16 配管プレファブ加工の代表されるメーカーであるのが「ノーラエンジニアリング株式会社」様です。 これからも、配管のエキスパート集団として 常識にとらわれない発想で、お客様のあらゆる ニーズのお応えした配管を提供してまいります。 つまり、それ以上の大きな口径となれば、従来工法の「溶接接合」または「ねじ込み接合」での接合が余儀なくされてしまいます。 また、性能試験では、実際に破壊されるまでの水圧を上げる水圧破壊試験は初めてであり、大変印象に残りました。 特にステンレス鋼鋼管の溶接技術は専門的なもので、知識がないままに施すと、炭素鋼鋼管よりも簡単に腐食してしまう場合もあるくらいです。 配管を取り巻く環境も、最新の建築工法をはじめ、労働力・熟練工不足に対応出来る合理化工法に加えて、最近では更に長寿命化、環境・リサイクル問題まで幅広いニーズが求められて来ています。 ほかにも建築物や工法に合わせ、長寿命化や環境・リサイクル問題まで幅広いニーズに対応したステンレス鋼管やCFジョイントなどの製品・技術を提供。

次の

CFジョイント 製品カタログ ノーラエンジニアリング

ノーラ エンジニアリング

これからも、ステンレス配管の普及のために関係の強化と取り組みの成果拡大に尽くさせていただきたいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。 それらの課題を解決するためにベンカンでは、一般配管用ステンレス鋼鋼管に対応し、高いレベルで施工品質を均一化させることが出来る、メカニカルジョイントを製造、販売させていただいております。 「ノーラエンジニアリング」様の場合は、溶接加工技術の高さは当然ながら、スタブエンド(ラップジョイント)を溶接することなくルーズフランジを装着可能にしたやパイプから直接、枝だしを可能にした「バーリング加工(玉抜き)」などの優れた加工技術が髙く評価されております。 2017. ところが、施工の信頼性の高い「溶接接合」ですが、「ねじ込み接合」に比べ専門的な技術と設備が必要となってしまいます。 Tokyo Head Office Third Floor, Daini Pureshiza Building, 4-8-4, Iidabashi, Chiyoda-Ku,Tokyo 102-0072, Japan TEL. ビジネス基礎だけでなく、商品知識や専門スキルに関する研修が充実しているので、営業・設計ともに文理問わず活躍できる環境!入社後、一からCADを覚えて、設計・手配業務を任されている先輩社員も在籍しています。 今回、「ノーラエンジニアリング」様の堀田社長様、糸澤常務様、石川部長様にベンカンのMJ工場(群馬県太田市)にご来場をいただきました。

次の

ノーラエンジニアリング株式会社|採用情報

ノーラ エンジニアリング

高品質で最適な配管を提供することで、コストダウンや快適な空間づくりをサポートします。 建築市場は技術者・労務者が圧倒的に不足するとされています。 2)応募いただいた方に、今後の予定が決まり次第、詳細をご連絡いたします。 主要取引先 冨士機材㈱/日本管材センター㈱/イシグロ㈱/㈱古島/㈱オーテック/橋本総業㈱/岡部バルブ工業㈱/㈱トシマ/タカラ通商㈱/㈱ハセック. これまでの配管工事では、熟練の職人が現場に出向き手作業で溶接する必要がありましたが、当社ではあらかじめ工場で一貫製作し、現場へ搬入・据え付けるだけ。 事業内容 ・建築設備配管並びに工場設備配管の設計 ・配管構成材加工製品及び管継手の製造・販売・輸出入業務 ・配管用材料の販売・輸出入業務 ・上記に関するコンピュータソフトウェアの開発・ 販売・輸出入業務 ・電気、給排水、空調設備の計画、調査、設計 ・上記に関するメンテナンス業務 ・環境関連商品の販売及びアフターサービス• 空港や駅舎、高層マンション、オフィスビル、工場、学校、病院などの、衛生や快適性を保つことが私たちの仕事です。 5mm)までのラインナップに留まっております。 また、実際、メカニカルジョイントを付帯製品としてご販売いただいたり、配管プレファブ加工に欠かせない溶接式管継手は、ベンカングループのベンカン機工の製品もご利用いただいております。

次の