ため池 防災 支援 システム。 【技術・仕組】スマホ版ため池防災支援システムを開発 農研機構

ため池ハザードマップポータルサイト:農林水産省

ため池 防災 支援 システム

災害発生時には、各ため池の決壊危険度や点検優先順位の参考情報を、現地や周辺で閲覧しながら、把握した被害状況や緊急点検 2 の結果を報告することができます。 ため池一斉点検 豪雨や大規模地震等により多くのため池が被災し、大きな被害が生じたことを踏まえ、都道府県や市町村が主体となって、平成25年度から平成27年度の3か年で、全国のため池の一斉点検を実施しました。 観測機器と新システムを接続して、水位や雨量のデータを新システムに取り込むことができます。 農研機構は、2018年9月に発表した「ため池防災支援システム」のユーザーインターフェースを一新した「スマートフォン版ため池防災支援システム」を開発したと発表した。 「ため池情報支援システムへのアクセスには、IDとパスワードが必要である。

次の

ため池防災システム

ため池 防災 支援 システム

3)観測機器 ため池に設置する水位センサーや雨量センサーなどの観測機器。 ため池データベースの項目が新しくなりました【ワークフロー】• 3.衛星利用被害抽出技術【研究開発機関:宇宙航空研究開発機構】 (参考資料 p4) 衛星利用被害抽出技術は、陸域観測技術衛星2号『だいち2号』(ALOS エーロス - ・ 2 ツー )による合成開口レーダ(SAR サー )データを処理し浸水域を抽出するものである。 背景を衛星写真に切り替えられるようになりました【メインシステム】。 4.土砂災害危険度評価システム• 2.新しくなった緊急点検の報告システム 新システムの緊急点検報告システムは、堤体 4 水をせき止めている土の部分 の損傷などの被害状況や現地で撮影した被害写真を全国で閲覧して情報共有し、多機関で連携して災害対応を行うことができる掲示板機能やチャット機能があります。 これにより、土砂災害発生の危険性が高い地域に関する情報を国の出先機関等に提供可能となり、土砂災害警戒情報や二次災害防止活動の参考情報として活用された。 【改修前】 【改修後】 (4)ため池防災テレメータの推進 近年、頻繁に発生する局地的集中豪雨などの自然災害に備えるため、下流影響が高いなどの監視が必要なため池を対象に、水位計・雨量計の設置を進め、府、市町村、ため池管理者がリアルタイムで監視できるシステムにより、管理体制の強化の促進、地域の安全安心の向上を図ります。 発表論文等 1)堀俊和ら 2018 Development of the Disaster Prevention Support System for Irrigation Pond DPSIP Japan Disaster Research、Vol14 No. 7月更新• また、ナビ機能を有しており、遠方からの災害支援者のため池現地へのアクセスに活用することができます 図2。

次の

ため池防災システム

ため池 防災 支援 システム

消防庁及び警察庁に対し、1分毎の全国47都道府県の集計結果に基づき、異常を検知するとメールを送信。 (1)全ての防災重点ため池で、ため池マップ、緊急連絡網、浸水想定区域図を整備。 地図内にあるため池の名称をボタン一つで表示できるようになりました【メインシステム】。 12月更新• ユーザーには、センサ個数に応じた月々の通信費 1万円/台・月 のみご負担いただくシステムとなっています。 このため、施設の所有者等(所有者、管理者)や行政機関の役割分担を明らかにし、ため池の適正な管理及び保全が行われる体制を整備することを目的として「農業用ため池の管理及び保全に関する法律(令和元年7月1日施行)」が制定されました。

次の

ため池:農林水産省

ため池 防災 支援 システム

ため池の老朽化、決壊等リスクの増加 農業従事者の高齢化や減少、権利者の世代交代による管理体制の弱体化などから、設備や堤体が老朽化し、災害時における決壊などのリスクが高まっています。 12月更新• PC版ではリストのCSVファイル取り込みや地図画面の印刷も可能になりました 図3。 旧システムは2017年度から試験稼働を実施しているが、情報閲覧をPCで行い、現地での災害報告のみをスマートフォンで行う仕様であった。 (県のHPを経由して閲覧できる市町村数を含め、計287の市町村のため池ハザードマップを閲覧可能です。 ため池に関する法律 自然災害によるため池の被災が頻発している中、ため池の権利者の世代交代が進み、権利関係が不明確かつ複雑となっていることや、ため池の管理組織の弱体化により日常の維持管理に支障をきたすおそれがあることが課題となっています。 開発の経緯 内閣府の研究プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム SIP H26~30 」において、防災科学技術研究所等との共同研究により、府省庁や自治体の間で災害情報を共有するための研究開発の一環として、「ため池防災支援システム」を開発しました。

次の

農村工学研究部門:「ため池防災支援システム」のマニュアルについて

ため池 防災 支援 システム

豪雨の場合は、大量の雨水がため池の貯水池に流れ込み、堤体の上を水が溢れて浸食されること等により決壊します。 さらに、未来の予測だけでなく、現在時刻から一週間前までの過去の情報も閲覧することができ、夜間に発生した災害に対して翌朝に情報を閲覧して緊急対応ができます。 豪雨解析の操作画面を改修しました【豪雨解析】。 (4)用水の需要量が減少しているため池における低水位管理等、需要にあった管理。 カメラのみでも対応可能です 概要:• 2:303-314 2)堀俊和 2018 「新しい『ため池防災支援システム』-スマートフォンに対応した改良」週刊農林、2374:4-5 3)堀俊和ら 2018 「地震・豪雨時の農業用ため池の被害と ICT 等を用いた減災技術」地盤工学会誌、Vol. )で研究開発している技術を災害対応等に活用したため、その概要を報告する。

次の

スマートフォン版ため池防災支援システム~現地で危険度情報を閲覧しながら、被害状況の報告が可能~

ため池 防災 支援 システム

深夜や明け方に豪雨が予想される場合でも、この予測を用いて夕方明るいうちに緊急対策を行うことが可能です。 震度4以上または震度5弱以上の地震が発生した場合に防災重点ため池 決壊した場合の浸水区域水に家屋、公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれがあるため池 について被災の有無を農林水産省に報告することになっています。 1 24. 723:4-7 参考図 図1 画面がスマートフォンに最適化され、ため池現地で使いやすくなった、スマートフォン版「ため池防災支援システム」 図2 被害報告システム 現地の被害状況や写真を即座に情報共有。 概要 2018年度にプレスリリースした「ため池防災支援システム 以下、旧システムと呼ぶ 」は、地震、豪雨時にため池の決壊 1 危険度を予測するとともに、実際の被害状況を全国の防災関係者間で情報共有するための災害情報システムです。 また、インターフェースの改良だけではなく、災害時の緊急復旧の参考となるように、災害時の情報を保存しておいて後から閲覧できる、予測情報をメール配信する、ため池に設置される観測機器 3 のデータが取り込める、などの機能が追加されています。

次の

平成30年7月豪雨における、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「レジリエントな防災・減災機能の強化」の研究開発技術活用実績について(報告)

ため池 防災 支援 システム

対策が必要な場合、ハードとソフトを組み合わせた防災・減災対策を実施することとしています。 4月更新• 4.土砂災害危険度評価システム 【研究開発機関:国土技術政策総合研究所】 (参考資料 p5) 土砂災害危険度評価システムは、現況、過去、6時間先の降雨データ(時間雨量、土壌雨量指数等)を表示し、発生確率を考慮した土砂災害危険度をリアルタイムで監視するシステムである。 ため池の概要 ため池とは ため池とは、降水量が少なく、流域の大きな河川に恵まれない地域などで、農業用水を確保するために水を貯え取水ができるよう、人工的に造成された池のことです。 用語の解説 1)決壊 ため池の堤体が壊れて貯水が一気に流れ出す現象です。 2019-09-09 農研機構,株式会社コア,株式会社オサシ・テクノス,株式会社複合技術研究所,ニタコンサルタント株式会社 ポイント 2018年9月に発表した「ため池防災支援システム」のユーザーインターフェースを一新した「スマートフォン版ため池防災支援システム」を開発しました。 また、リアルタイム予測のみのシステムであったため、夜間に発生した災害の情報を翌朝閲覧することができないという問題がありました。

次の

農村工学研究部門:「ため池防災支援システム」のマニュアルについて

ため池 防災 支援 システム

2月更新• 深夜や明け方に豪雨が予想される場合でも、この予測を用いて夕方明るいうちに緊急対策を行うことが可能である。 ため池諸元の貯水位がゼロとなっている場合に、氾濫解析が実行されないバグを修正しました。 ・ホームネットワーク• 4.メール配信機能 システムにメールアドレスが登録されたユーザーに、地震時、豪雨時におけるため池の決壊危険度情報を自動的にメール配信することができます。 4kg 6. 3.災害対応や復旧のための過去の予測情報の閲覧 旧システムは現在時刻から6時間後までの決壊危険度を予測、表示していたのに対し、新システムでは、現在時刻から15時間後までの予測表示が可能になりました。 特定農業用ため池に指定されると、 ・堤体の掘削等の形状変更行為が知事の許可制となり、ため池の改良・廃止といった防災工事を実施する際、所有者等は計画の届出が必要 ・市町村はハザードマップの作成等の避難対策を実施するとともに、必要に応じてため池の施設管理権を取得可能 ・都道府県は必要な防災工事が実施されない場合に、所有者等へ防災工事の施行命令を出すことができ、必要に応じて防災工事の代執行が可能 となります。 (2)ため池耐震性診断及びハザードマップ作成 (対象:下流影響が大きいため池 758箇所)(平成31年3月時点) 下流に人家や公共施設が存在するなど、下流影響が大きいため池を対象に、耐震診断とハザードマップの作成支援を行います。 ため池対策検討チームの検討結果を踏まえ、平成30年11月13日(火曜日)に、新たな防災重点ため池の選定の考え方や、緊急時の迅速な避難行動につなげる対策、施設機能の適切な維持、補強に向けた対策を取りまとめました。

次の