コトダマン 再生 の 塔。 モンストコラボイベント第2弾開催!!(5/26 16:00追記)|【公式】共闘ことばRPG コトダマン

【コトダマン】オドラコ魔級攻略!攻略のコツと適正キャラ

コトダマン 再生 の 塔

。 英種族 左雑魚を倒すまでは「か」として使えて、チェンジマスがなくなったら「ん」として使える。 あしかさくせん じょうこうばん 2019-07-17 水 21:49:13• サロメェリーダーと相性がいい。 全体攻撃で龍種族キラーが乗るので、左雑魚の処理がスムーズ。 た・て 中 これらの文字を含む6文字は多いので文字としては使いやすいが、チェンジ先が使いづらいため優先度は劣る。

次の

コトダマン|夢幻の塔25階攻略【作りやすいデッキ編成】

コトダマン 再生 の 塔

神種族 ウォール ウォールブレイカー持ちの繋ぎ文字で、チェンジ先の「か」も使いやすい。 睡眠耐性100%は光闇が対象だが、ATKとHPの倍率は光闇以外のキャラにもかかるので、デッキ編成の幅が広い点が魅力。 トドメ刺すときは当然有用。 英種族 チェンジ 「こ・り・ら」に変換可能なチェンジガード持ち。 物種族なのでロゴスヨゴスリーダーとも相性がいい。 魔種族 チェンジ チェンジガード持ち。

次の

【コトダマン】夢幻の塔29階攻略講座【はかいこうせん・はわいさくせん】

コトダマン 再生 の 塔

魔種族 チェンジ チェンジガード持ちの繋ぎ文字。 か 高 「か・かい・かん」を含む6文字〜が多いので、様々な盤面で活躍できる。 発動条件は語尾指定。 毎ターン左を倒しながら中央を削ろう• 物種族 チェンジ 「し」のチェンジガード持ち。 やなども同様。 上記に注意しながら攻撃していきます。

次の

【コトダマン】夢幻の塔29階攻略講座【はかいこうせん・はわいさくせん】

コトダマン 再生 の 塔

を多めに編成しておくことをおすすめする。 最近の更新 11時間まえ• コメントありがとうございます! 本編成では睡眠を防ぐことができないため、睡眠運や配置盤面、ツルヒト声の処理速度など、クリアには運要素が加味されるかと思います。 ウォールが硬く、崩しても6文字タイムボムが待ち構えています。 バフや睡眠回復は光・闇属性にのみ有効だが、アーサーリーダーなどの属性混合デッキでは役立つこともある。 「モン玉の実(Lv1)」「モン玉の実(Lv2)」「モン玉の実(Lv3)」から出現するコトダマン一覧は、からご確認ください。

次の

《コトダマン》夢幻の塔27階 攻略

コトダマン 再生 の 塔

魔種族 チェンジ チェンジガード持ちの繋ぎ文字で、文字数に応じて火力が上がるので、6文字を作ると高火力が出せる。 サブの11体はすべて水属性にして火力に振るのがおすすめ。 霊種族 ヒール ヒールブレイカー持ち。 お題を達成できなかった場合 耐えることはできないため、早めにウォールを壊し、6文字以上の言葉を狙うようにしましょう。 サブ適性はそこまで高くないが、火属性ダメージ50%軽減が役立つ。 睡眠耐性50%とやや低めだが、高HPにより耐久が可能。 「いか・かい」などいきものテーマですごわざが出せる点が優秀。

次の

【コトダマン】夢幻の塔27階攻略!狙いやすい6文字やチェンジ表も掲載

コトダマン 再生 の 塔

2回目以降は 3ターン以内 作ることができなかった場合、 約 100000のダメージを被るため、忘れずに作るようにしましょう。 虹のコトダマやコエダマが貰える クリアした階層に応じて、「虹のコトダマ」や「HPコエダマ」、「ATKコエダマ」が報酬として獲得できる。 盤面の「い」を活かしてすごわざの語尾指定を満たしやすい。 文字も使いやすい。 そのためにも、全体攻撃アタッカーを活用していきましょう。 ありがとうございます! 追加いたします! のすけ 2019-11-04 月 16:28:00• 攻略のポイント• 一定ダメージを与え続ければ毎ターン割合ダメージしか飛んでこないので、 闇キボウリーダーもいけますね。

次の

【コトダマン】夢幻の塔26階攻略!適正キャラと攻略のコツ

コトダマン 再生 の 塔

い 2019-07-23 火 19:56:32• 半減属性でも15000近いダメージを受けてしまうので、赤いもの対策は必須。 実体化時のATKバフやコンボ+で火力を底上げしやすい。 2回目以降3ターン以内 この階も高難易度を誇ります。 チェンジガード持ちの「せ」で、文字が使いやすく、サブ適性も高い。 盤面と相性がいいのはい軸• 3体のトキの鏡のうち、セリフを言うトキの鏡から撃破すると蘇生されないので、どのトキの鏡がセリフを言うか注意深く見ておこう。 と 高 「とう」を含む6文字が多いので使いやすい。 獣種族 ウォール ヒール Wギミック耐性持ちの連撃キャラで使いやすい。

次の