種苗 法 改正 案。 主張/種苗法改定案/農・食のあり方変質させる危険

種苗法改正の問題点をわかりやすく解説

種苗 法 改正 案

一時 「改正案」の撤回をもとめるため、 私が実際に起こした具体的行動は以下です。 農家にとって自家増殖が禁止されれば、農業に「正に闇の世界」が待ち受けています。 ただ、国外に持ち出されれば現地で栽培が広がることを防げず「いわば海外での違法コピーが黙認されている状態」(農林水産省幹部)という。 今回の「種苗法改正案」は、このような観点で、「育種農家を守る」ことが出来る様にしっかり詰めなければ、日本の官僚の中にいる国際企業の手先の売国奴に取り返しのつかない利権をあたえることになります。 野党が一致して審議入り反対していても、委員長の職権で審議入りする可能性はゼロではない。 「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています。 農業者の権利を脅かす 種苗法は、農作物の新しい品種を開発した人や企業に「育成者権」を認め、著作権と同じく権利を保護しています。

次の

農業競争力強化支援法 種子法廃止 種苗法改正案:食を破壊する3点セット

種苗 法 改正 案

余計なことはするな!少なくともビール飲んでないで、マウンドに立てるだけの最低限の準備はしてこい! 笑 」と。 (杞憂であればいいのですが・・・) さらに 現行の種苗法は 適応はもちろん国内だけです。 抑止力というものを完全に無視してますからね。 種苗法改定は農業者だけでなく消費者・国民にも影響します。 個人的にはうれしいです。 種苗法改正案のポイント 「種苗法改正案」の内容は、先で紹介した海外流出の問題に関わります。 特に、人に恐怖心を与えるようなものについては、現場での火消しが本当に大変だから。

次の

農業競争力強化支援法 種子法廃止 種苗法改正案:食を破壊する3点セット

種苗 法 改正 案

農民の基本的権利が損なわれることへの懸念は尽きない。 つまり、この「登録品種の自家増殖に育成者権の効力が及ぶ植物」の規定は廃止になる可能性が高い。 しかし 安心できないのです。 そのことが、話をわかりにくくしている一つの要因かも。 その営みを担ってきたのが農業者です。

次の

種苗法もろ刃の改正 農産物流出防止も「自家増殖」規制で農家に負担|【西日本新聞ニュース】

種苗 法 改正 案

食糧自給率は全く別次元の問題。 また女優の柴咲コウさんが4月末、ツイッターで法改正反対のメッセージを発信したことで、日ごろ農業に関心の薄い人々も注目。 登録品種の自家採種を許諾制にする事でデータを把握し、侵害が発覚した場合に追跡できるよう取り締まる為です。 政府は結論を急ぐことなく、農家の疑義や不安に答え、議論を深めなくてはならない。 自家増殖を禁ずる主な理由は、海外への種苗の流出が相次いだからだ。 maff. 消費者・国民にも影響 多国籍種子企業による植物遺伝資源の囲い込みや種子開発競争が世界で激化し、農業者がその支配下に置かれ、生物多様性や食の安全、食料主権が脅かされる事態も広がっています。

次の

種苗法改正の何が問題なのか 種苗法って何? 種子の知的財産権と農民の種子への権利(松平尚也)

種苗 法 改正 案

都道府県がコメなどの種子を安定的に供給するよう定めた主要農作物種子法が廃止された2018年の国会審議は、衆参両院で計12時間。 5月19日、江藤農林水産大臣が種苗法改正法案について今国会で審議を求める会見を行った。 「在来種であっても、品種登録されていなかったらその種子は自分のものではない。 芸能人は政治的主張をするなら、その効果と影響とリスクを踏まえるべきだ、ということを周知するために。 そこで、農家の自家増殖とは何かというと、日本の農家が古来ずっと行ってきたことで今年収穫した農作物の一部の種を、乾燥させ来年まで保管して翌年も同じ農作物を作るという行為をいいます。

次の

種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

種苗 法 改正 案

優れた種子の開発まで農家に負担させたら、それこそコストと時間が全くあわない。 扱う品種が限られることで農業の多様性が狭められ、生産現場の意欲をそぐことにもつながりかねない。 賛成でも反対でも、意見がある場合には積極的に届けたいものです。 2017年4月に「種子法の廃止」と、「農業競争力強化支援法の制定」が決まった。 どこまで影響するのか わかりませんが、 個人でできることをやるだけです。 — 農業と食料の専門家/浅川芳裕 yoshiasakawa 京大教授の恥さらし、藤井聡が柴咲コウを利用 以下では柴咲コウのツイートを利用して種苗法に関する誤った認識を拡散するレベルの低い連中に対して明らかにおかしな点を指摘するにとどめます。

次の