特別 徴収 義務 者 の 所在地 名称 変更 届出 書。 特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書/市民税課/岐阜市公式ホームページ

特別徴収関連届出書/茨木市

特別 徴収 義務 者 の 所在地 名称 変更 届出 書

納入申告書については収納グループ(03-4566-2360) 4. 住民税の特別徴収に関するもの• 給与支払報告書(総括表)の「報告人員」の合計欄には茨木市に報告する人員数をご記入ください。 納期の特例の承認を受けた後、給与支払いを受ける者が常時10人以上になった場合にはの提出をお願いします。 2 退職等の場合で「一括徴収」する。 該当者の住所は納税通知書の1月1日現在の住所を記入してください。 PDFファイルを表示させるためにはアドビ社のAdobe Readerが必要です。

次の

特別徴収義務者の届出書:練馬区公式ホームページ

特別 徴収 義務 者 の 所在地 名称 変更 届出 書

フロッピーディスクの取り扱いは終息を予定しております。 (特殊な紙質や複写式などの様式は提供していません)• 「給与所得者異動届出書」を再度提出してください。 藤沢市の市税等徴収金の滞納がないこと 5 市民税・県民税・特別徴収税額の納期の特例に関する届出書 納期の特例を適用中の特別徴収義務者で、適用要件の「給与受給者総人数(事業所全体の従業員)が常時10人未満であること」を満たさなくなった場合や、自己都合等で納期の特例の適用を取消す場合は、「市民税・県民税・特別徴収税額の納期の特例に関する届出書」を提出してください。 これに伴い平成29年度の特別徴収税額決定通知書から、新様式になりました。 「給与の支払を受けなくなった後の住所」の欄は退職等により連絡先が旧住所と変更がある場合には必ず記入してください。

次の

市川市|市民税課(各種書類ダウンロード)

特別 徴収 義務 者 の 所在地 名称 変更 届出 書

(地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成27年総務省令第91号)平成28年1月1日施行) これに伴い「給与支払報告書の光ディスク等による提出仕様書」内、レコード仕様、申請書の様式に一部改正を加えました。 平成28年1月1日以後に提出する「退職所得等の分離課税に係る納入申告書」には、法人番号の記載が必要です。 納税管理人申告書・承認申請書[:]• 普通徴収の場合は「退職者等」または「乙欄その他」に人数を記載してください。 「普通徴収切替期別」の欄は該当するところを〇で囲み、「特別徴収開始予定月」の欄に給与天引きを開始する月を記入してください。 納期の特例の申請をする際、または納期の特例の要件を欠くことになった際にご提出いただく書類です。 納期の特例を解除したい。

次の

市川市|市民税課(各種書類ダウンロード)

特別 徴収 義務 者 の 所在地 名称 変更 届出 書

特別徴収切替届出(依頼)書[:]• 納期の特例の申請をする際に提出いただく書類です。 平成31年度給与支払報告書の様式について 平成31年度(平成30年中の給与分)については、以下の書式をお使いください。 また、1~3は特別徴収納入書つづりの中にもあります。 「給与所得者異動届出書」を提出してください。 上記に該当される特別徴収義務者で、納期の特例によって納入を希望される特別徴収義務者は、を本市に提出し、承認を受けてください。 6 市民税・県民税納入申告書 分離課税の退職手当等に係る税額を納入する場合、納入書の裏面の申告書に必ず記入をしてください。

次の

特別徴収関連届出書/茨木市

特別 徴収 義務 者 の 所在地 名称 変更 届出 書

「給与所得者異動届出書」を転勤元から受け取り、その届出書(下段)に転勤先の名称等、必要事項を記入し、提出してください。 八王子市では、事業所の宛名登録を行っており、毎年10月末時点での登録内容を印字した給与支払報告書総括表を11月末頃にお送りしています。 ) 提出方法:1~3,6,7については、郵送、持参、eLTAXで、4,5については、郵送、持参の方法で提出できます。 ただし、納期限が過ぎている普通徴収分については、特別徴収に変更することはできません。 手続きや書類に不明な点がありましたら、必ず担当窓口へお問い合わせください。

次の

特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書|杉並区公式ホームページ

特別 徴収 義務 者 の 所在地 名称 変更 届出 書

普通徴収(個人納付)から特別徴収(給与天引き)へ切り替える際に勤務先からご提出いただく書類です。 所在地、名称は誤読をさけるため必ずフリガナをつけてください。 給与支払報告書の提出の際お使いいただく総括表と個人別明細書、またご提出の際普通徴収該当の方がいらっしゃる場合に添付していただく普通徴収切替理由書です。 原則として市が直接の窓口になっており、市が直接様式を作成しているもので、一般に普及しているプリンターで取り出せるものです。 大阪市では、地方税ポータルシステム(eLTAX:エルタックス)の利用促進に取り組んでいます。

次の