ダイハード 主演。 アクション映画の金字塔『ダイ・ハード』シリーズをおさらい

アラン・リックマン

ダイハード 主演

「ルイス・クラーク探検隊」のルイジアナ探索を描く冒険活劇1803年バージニア州。 その後、物語前半にマクレーンが自分達の爆破工作の準備を行っている階の下に現れたとの連絡を受け、マルコを先行させて自分も向かうが、駆けつけた時にはマクレーンがマルコに拳銃を突きつけて膠着状態になっており、マルコに伏せるよう言い、マクレーンに拳銃を向けるが、反撃に出たマクレーンに射殺される。 - 実現しなかったこの作品の続編として書かれた脚本が本作に流用されている。 空港の緊急車両用スペースに駐車したマクレーンの車(ホリーの母とマクレーンの義母の新車)をレッカー移動させる。 事件解決後は自力で駐車場から脱出し、マクレーン夫妻を乗せてナカトミ・プラザを後にした。 クイズを出し続けるサイモンに振り回されながら、要求に従い急ぎ車を飛ばす2人。

次の

全5作品。「ダイ・ハード」シリーズの映画ランキング

ダイハード 主演

最初に鑑賞した際には、失望を感じさえしました。 You know how to use a handgun, Bill? 1991年に発売されたファミコン用ソフト「ガンデック」のジャケットイラストは、ダイハード2のワンシーン(通風孔から登場し間一髪バーンズを助け、テロリストの銃撃に応戦する瞬間)でのマクレーンを、服装以外そのままトレースしている。 主演"Man on Fire"(日本未公開)のためにジョン・スコットが書いた曲。 ジャニーズ キスマイ宮田俊哉が声優に初挑戦「僕史上一番軽薄」 []• ジャッキー・チェンの「ラッシュアワー2」や「80デイズ」では端役だったものの、アメリカ映画出演の大きな経験となり、2006年の大作「M:i:III」で主要メンバーの役に抜擢され、ついに本格的なハリウッド進出を果たした。 1995年• ダイハードのイメージが定着していたブルース、同じ刑事物という事で、違いを出すのに脚本家もかなり頭を悩ませた事でしょう。 一味から奪ったサブマシンガンのマガジンにはが装填されていたことに気づき、全てが茶番であると悟ったマクレーンは、満身創痍になりながら何とか空港に帰り着き、空港警察に乗り込む。

次の

ダイ・ハード2

ダイハード 主演

"" - ノミネート• それまでのでは、肉体派俳優が正面から巨悪と戦う大味なイメージが強かったのに対し、この作品では「劣勢の状況下にある普通の主人公が頭脳で挑んでいく」という要素を取り入れ成功した。 ドラマ [6月29日 9:34]• 前2作と違い、活躍場所はNY市全体。 - から発売された向け。 相変わらずが好物である。 2006年から、アップルコンピュータの Get a Mac キャンペーンにマック役で出演。 宙吊りになって尚もマクレーン夫妻を道連れにしようとしたが、最期はマクレーンによって腕時計を外されたことで単身転落死した。 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 版 機内上映版 樋浦勉 ハンス カール パウエル 内海賢二 ロビンソン アーガイル デヴロー・ホワイト ソーンバーグ 江原正士 エリス タカギ フランコ ブルーノ・ドヨン トニー テオ クラレンス・ギルヤード アレクサンダー ジョーイ・プルーワ 田原アルノ マルコ ロレンゾ・カッチャランツァ クリストフ ジェラール・ボン エディ デニス・ヘイデン ユーリ 田原アルノ 広瀬正志 ハインリッヒ ゲイリー・ロバーツ 沢木郁也 フリッツ ハンス・バーリンガー 沢木郁也 飛田展男 ジェームズ ウィルヘルム・フォン・ホンブルグ 笹岡繁蔵 ビッグ・ジョンソン 広瀬正志 有本欽隆 リトル・ジョンソン グランド・L・ブッシュ ミッチェル マット・ランダース 有本欽隆 大滝進矢 ハーヴェイ・ジョンソン デヴィッド・アーシン 宮田光 広瀬正志 テイラー・フライ ポーリーナ ベティ・カルヴァロー ジニー ダスティン・テイラー 博士 ジョージ・クリスティ 稲葉実 登場シーンカット ゲイル・ウォーレンズ コンビニ店員 キップ・ウォルドー 稲葉実 広瀬正志 サム マーク・ゴールドスタイン 嶋俊介 オペレーター主任 ダイアナ・ジェームズ 羽村京子 オペレーター シェリー・ポゴダ さとうあい メアリー トレイシー・ライナー 小林優子 中沢みどり スチュワーデス ステラ・ホール さとうあい 鈴鹿千春 セールスマン ロバート・レッサー 江原正士 小島敏彦 伊藤栄次 ガードマン リック・チケッティ 沢木郁也 演出 小山悟 春日正伸 福永莞爾 翻訳 (字幕) 島伸三 宇津木道子 効果 リレーション 猪飼和彦 調整 小野敦志 山田太平 録音 東北新社スタジオ ニュージャパン スタジオ プロデューサー 圓井一夫 山形淳二 担当 向井士郎 岩渕昇 熊沢博之 関口未來子 小川眞紀子 解説 制作 初回放送 『』 21:02-23:24 『』 正味 約123分 ノーカット• そしてロレンゾ署長にスチュアート一味とグラントらが空砲で撃ち合っていたことを示し、初めからグラントがスチュアートの共謀者であったことを明らかにする。

次の

ダイハード4.0

ダイハード 主演

非常に粗暴且つ好戦的な性格で、弟のトニーをマクレーンに殺された復讐心から幾度となく彼と壮絶な死闘を繰り広げる。 。 この映画はの4つにノミネートされた:、、(、、、)、である。 年齢:14歳(相手16歳)のとき 距離:関西と関東(600kmくらい?) 何か月目で実際に会ったか:1年くらいだったと思います ネットでの出会いであったゆえにぶち当たった壁: 中学生と高校生でこの距離だったので、 年に1度、会えるか会えないかでした。 主人公のキャスティングは順番に、、、が候補として挙げられ、中でもリチャード・ギアが最有力とされていた。 ハリー・エリス 演 - ナカトミ商事の重役。 シェルドン 演 - スチュアートの仲間であるテロリスト。

次の

見えない犯人を追うブルースウィルス主演のサスペンス [映画] All About

ダイハード 主演

やはり、世間的には変わった出会い方なので… 親しい友人には本当の経緯を話しているんですけれどね。 その後、私1人と付き合うことになったものの、 彼のサイトの常連さんと私が喧嘩してしまい、 それを機に別れてしまいました; この間3年ほどです。 ホリーに誘われて訪れたナカトミ・プラザが占拠されたことを知り、テロリストグループを相手に一人で立ち向かうことになる。 その頃、小学校の爆弾も無事に解除された。 そんなところへ突如、爆弾を使うテロリストから指名がかかり、ジョンは「サイモンセッズ」と名付けられたゲームへの参加を強制されることになります。 Ho-ho-ho. 制作の作品に多く起用される役者の1人でもあった。

次の

見えない犯人を追うブルースウィルス主演のサスペンス [映画] All About

ダイハード 主演

序盤は時間稼ぎのためにビルのガードマンに成り済まし、1階フロアに駐在して来客者への見張りを担当しており、通報で駆けつけたパウエルを騙し切った。 マクレーンは特ダネを探していた地元のテレビクルーに依頼し、報道ヘリコプターで滑走路へと運んでもらう。 今作品は1980年代初めを舞台に、新米刑事マクレーンの姿と現在の姿が描かれる。 シネマ [6月29日 10:07]• ハンスはFBIに脱出用のヘリコプターを要求するが、彼には大きな目論見があった。 Box Office Mojo. - (英語)• 2016年8月19日. net. ちなみにハンス・グルーバーという名前は、1966年の映画『』で使われている。 議会が仏領ルイジアナの50万平方キロの新たな土地購入を承認した。 1988年 ダイ・ハード• ルイス大尉 F・マクマレイ と彼の旧友で中尉のクラーク C・ヘストン はジェファーソン大統領よりルイジアナ探検隊の指揮官を命じられた。

次の

ダイ・ハード : 作品情報

ダイハード 主演

しかし、その最中に銃撃戦が始まったことで、一応直近のパトロール警官に見回りを指令する。 一方、空港用務員から新管制塔への経路を聞き出したマクレーンだったが、時すでに遅し、テロリストらに待ち伏せされたSWAT部隊は全滅し、バーンズも負傷。 2016年1月14日、により69歳で死去。 再度のマクレーンの単独行動にロレンゾ署長が激怒するが、グラントはむしろマクレーンの勇気を称えロレンゾを批判する。 シネマ [6月29日 18:53]• 孤立無援のトーマスとあざ笑うように先手を打つ、姿の見えない犯人。 マクレーンはエリスに銃を向けるハンスに「友人ではなく、初対面だ」と必死に説得したが、その説得虚しく、マクレーンが呼びかけに応じないと判断したハンスに射殺された。 西部開拓史上有名な「ルイス・クラーク探検隊」を基に描いた冒険活劇。

次の

ダイ・ハード

ダイハード 主演

グラントを倒すことには成功するも、軍隊格闘の達人であるスチュアートには歯が立たないマクレーンは逆に翼から落とされ、スチュアートは布を取り除くと操縦席へ戻る。 芸能 [6月29日 16:09]• 6作目「Die Hard:Year One(原題)」はシリーズの前編および続編ともなる作品で、2年前すでに、ウィリスがジョン・マクレーン刑事役で復帰すると発表されていた。 監督が事前に打ち合わせていたタイミングよりも早く、リックマンを落下させたからである。 キャスト [ ] 主人公 [ ] 演 - ロサンゼルス市警察 の刑事(階級は警部補)。 部下からの信頼は厚く、マクレーンとも打ち解けている。

次の