こづかい 万歳。 「こづかい万歳」マンガに共感

「こづかい万歳」マンガに共感

こづかい 万歳

ちなみに今日(=取材日)は23日です。 ちなみに吉本さんと同じ40歳代の会社員のおこづかい平均は3万3938円です。 吉本:最初は3万円でした。 7月20日には単行本も発売予定です。 使いきったからといって家族が生活できなくなるわけでもないので。

次の

定額制夫の「こづかい万歳」 ~月額2万千円の金欠ライフ~「漫画コミック単行本1巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

こづかい 万歳

僕は漫画家で、不安定な仕事なので、節約するのはいいんですけど、会社員も昔に比べてあまり羽振りがよくない感じがします。 あと今は30歳を過ぎてから結婚した人が多いと思うんですけど、若いときはわりと自由にやっていて、そのときに発散しているから、今はこれでいいんだってなってるんじゃないでしょうか。 吉本:なんでも面白がることなんだろうなって最近思うようになりました。 早朝から親御さんの列がありのように並んでいたからである。 10代のころに脚光を浴びたことがなかったから。 「おこづかい制」というのは、結婚するときに決まったんですか? 吉本:そうですね。 第1話と一部のエピソードはコミックDAYSで読むこともできます。

次の

「こづかい万歳」マンガに共感

こづかい 万歳

社会人のおこづかいの平均が3万円代で、僕はほとんど家にいるので、「ランチ代はいらないんじゃないか」ってことでキリよく3万円に。 たぶん、家をローンで買った人たちが今、一生懸命返しているのかなと。 近所に自転車に乗っているおじいさんがいるんですけど、1日に何回も家の周りをまわってて。 吉本:そうですね。 吉本:多分、家族のためにやっているからでしょうね。

次の

「こづかい万歳」マンガに共感

こづかい 万歳

今回のインタビュー取材はオンラインで行ったのですが、モニターに映った吉本さんを見てびっくり。 うらやましいはうらやましいですけど、しょうがないというか。 飾らない人が多いのかもしれませんね。 僕は漫画家で、不安定な仕事なので、節約するのはいいんですけど、会社員も昔に比べてあまり羽振りがよくない感じがします。 『こづかい万歳』は『週刊モーニング』(講談社)で月1ペースの連載中。 それがなんか、重たい感じの感想があったりするんで、意外でした。

次の

1カ月2万1000円の“こづかい制”でやりくりする作者の悲哀描いた『こづかい万歳』が共感集める 作者に聞いた「小さな幸せ」を見つけるコツ

こづかい 万歳

妻のほうが金銭管理がしっかりしているんで、この人に任せたほうがいいなとなって。 ローンで買った一戸建てから、都心まで頑張って通勤している人が多くて、そこまで生活環境が変わらないと思うので、そういうストレスがなくなりました。 それじゃないのかなぁ。 うらやましいはうらやましいですけど、しょうがないというか。 「おこづかい制」というのは、結婚するときに決まったんですか? 吉本:そうですね。 (いま暮らしている)埼玉県の郊外には、そういう人たちが増えているのかもしれません。

次の

「こづかい万歳」マンガに共感

こづかい 万歳

吉本:多分、家族のためにやっているからでしょうね。 娘の姿を撮影するために足取りも軽かった。 かたや「マジで好き」「いい旦那さんだ」といった声もみられる一方で、「結婚したくなくなってきた」とおこづかい制に悲観する声も……。 コンサートのように整理券も配布しているらしい。 ローンで買った一戸建てから、都心まで頑張って通勤している人が多くて、そこまで生活環境が変わらないと思うので、そういうストレスがなくなりました。

次の

漫画「定額制夫のこづかい万歳 ~月額2万千円の金欠ライフ~」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

こづかい 万歳

自分はこういう生活をしているとか、自分はこうだって言いやすいマンガだということがわかりました。 あそこのうちの塀の穴から犬が顔を出してたなとか、定住、ある場所に覚悟をして住むと、急に身の周りの風景を楽しめるようになったのかな。 吉本:なんでも面白がることなんだろうなって最近思うようになりました。 「おこづかい制」というのは、結婚するときに決まったんですか? 吉本:そうですね。 とはいえ、自分の世界というか、自分の時間も欲しいからそれでおこづかいを使ってると思うんですけどね。 衝動買いがなくなったかも。 1カ月を2万1000円のおこづかいで乗り切る夫を、ドキュメンタリー風に描いたマンガ『定額制夫の「こづかい万歳」 ~月額2万千円の金欠ライフ~』に、読者から絶望や共感の声があがっています。

次の

「こづかい万歳」マンガに共感

こづかい 万歳

自分が置かれた状況を受け入れたうえで、それを面白がったり楽しんだりする。 いろんなすごい人、裕福な人が多いので、うらやましくなることもあったと思うんです。 うまく使えた感じがします。 あるけど、やっぱりその人の甲斐性の問題だと思うので、僕がどうこういうものでもないっていうか。 しかしそこをあえて160円と言う、投げ銭にも近い感覚でコーラを買ったことにより、旨味が倍増しているということであろうか。

次の