2019 年 インフルエンザ 死亡。 インフルエンザの年代別の感染の傾向について比較しました!

インフルエンザの感染者数、死亡者数について

2019 年 インフルエンザ 死亡

(人数はアメリカに限定した話です) これも「ネットで拾ったファクトチェックされていない情報」であり、私が挙げている「憶測込みの最悪」は煽るだけの極端な話でしょうか。 その点では、増加のとまっている中国の例が参考になります。 以下は元喫煙者のライター、石田さんの記事ですが、既に喫煙による新型コロナ感染リスクが明らかになってきています。 実際韓国やイタリアではコロナ関係で押し寄せる患者により医療体制が危機的 になっています。 こういうオオカミ少年を繰り返していると、本当にヤバイ物が現れた時 「どうせ今回も空騒ぎでおわるんだろ?」と危機感を持たなくなる懸念の 方がよほど深刻だと思いますね。 (PDF形式) 「新型コロナウイルス」ついては、まだまだ知見が少ないものの、万一感染しても発症するかは自己免疫力の差、ウイルスの密度・数(?)などに影響を受けると想像できます。 書店にはおかしな放射能本や陰謀論の本があふれ、本当の専門書を読まないと客観的な事実を知ることが出来ない状態になりました。

次の

世界のインフル死者数、年29.1万─64.6万人=米疾病対策センター

2019 年 インフルエンザ 死亡

「新型コロナは止め方が分からない」という事実を直視しましょう。 本文中でもお話ししましたが、 ニュースを見る時間を好きな本や映画を見たり、ゲームをする時間、子供と遊ぶ時間などに変えるのをお勧めします。 「社会実情データ図録」サイト主宰。 大切なのは、 医療機関や介護施設に消毒用アルコールやマスク・手袋が十分に行き渡る事。 入院も隔離が必要です。 衛生局は2度目の傾向として「前回の流行時にかからなかった人が重症となる」「前回激しく流行しなかった地方で、本回は激しく流行した」と記述しています」。 mohno、いろいろひどいですね。

次の

【インフルエンザ19

2019 年 インフルエンザ 死亡

そして、それより緩い規制しかできそうにない日本は、いまだ緊急事態宣言すら出していないのですよ。 50代後半の自営業者です。 1~0. 商社の方に聞いたところ、医療用途の製品だけでは足りなくなり、品薄になっているとのことでした。 今年インフルエンザ14,000人死んでるアメリカでは、コロナのように大騒ぎしてなかったのが不思議です。 例えば、有名人の自殺をセンセーショナルに報じると、それに触発されて自殺者が増えることがわかっている。 日本の対策は人口 分母 に対して死者を減らすという視点のようですね。 そう考えると怖いですよね。

次の

2019年のインフルエンザ死者数は3000人を超えている|Gelate(ジェレイト)|note

2019 年 インフルエンザ 死亡

1957年の「アジアかぜ」によるピーク7,735人から、1970年代までインフルエンザ死亡者数は、おおむね、減少傾向をたどり、1980年代〜90年代前半は、千人以下の少ないレベルに止まっていた。 (アメリカ でのインフル感染者は約2200万人ほど) ちなみに季節性インフルは毎年世界全体で数億人の感染者と40万~60万人 くらいの死者が出ています。 >新型コロナは感染力が弱く、ほとんどの人は放っておいても治癒してしまう >ので、その危険性が認識されにくいまま広まってしまったのです。 2018年 約283万人(2018年1月15日〜21日) 年齢別では、5~9歳が約59万人、10~14歳が約40万人、40代が約29万人、0~4歳が約27万人、50代が約24万人、70歳以上が約23万人、30代が約22万人、15~19歳が約21万人、60代が約20万人、20代が約19 万人の順となっています。 インフルエンザなどの他の感染症でも、亡くなる確率の高い方たちです。

次の

新型コロナ:米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え (写真=ロイター) :日本経済新聞

2019 年 インフルエンザ 死亡

46都道府県で前週より増えており、最多は北海道の10. しかし南半球は、今後寒い季節に入り、北半球にもいずれ冬がやってきます。 2017年-18年:12月18日~12月24日 (約66万人)• 前述した米国CDCの推計(19年10月〜2月1日までの死者1万2000人)は、インフルエンザから肺炎に移行して死亡したケースなど関連死を含む推計値なので、図表3のデータとは大きく異なる。 ところが、90年代後半から、大きく増加する年が目立つようになり、2010年以降は、増勢の傾向が認められる。 ・・・・ <インフルエンザの流行状況(大阪大学病院)> ・・・・ 他方、超過死亡率概念を用いた場合には、 「とにかく季節性インフルエンザが直接の死因とは限らないが、 きっかけになったにすぎない場合もすべて含めて統計的に致死率を仮に算定する」ので、 どうしても直接原因としての致死率よりもかなり大きな数字になってしまいます。 日本は感染者が見つかるのは早かったものの、早くから自粛を要請して多くのイベントがしたがったおかげで感染の広がるペースは欧米ほどではありません。 他方, 死亡の概念からは, 全国は総死亡であるために網羅的で死因の定義の影響を受けないが, 大都市はインフルエンザあるいは肺炎死亡であるため限定的になる可能性がある。

次の

インフルエンザ「過去20年で最多」の患者数 うがい、手洗い、マスク...さらなる対策は: J

2019 年 インフルエンザ 死亡

予防接種の効く確率は10~60%とも言われる。 マスコミやあなたのようなブロガーにとって、危機を煽れば煽るほど視聴率や 発行部数あるいは閲覧数の増加につながるし、最近「刺激的」な話題がなかった から祭りのように楽しんでいるんでしょうが、ちょっと数字を冷静に眺めれば やはり「過剰反応」と言われてもしたないですよ。 現地の飲食店他、閉鎖されて困っている人がたくさんいますが、これが現在経済成長の著しい国がとった政策です。 戦前のインフルエンザ死亡者数は戦後よりずっと多かったことが分かる。 「ごめーん!息子のインフルエンザうつっちゃった、金曜まで休むね!」。 特にエクモがかなり少ないことが心配です。 インフルで1万人、肺炎で10万に死者が出てるのになんでこんなに騒ぐのか? 私なりの結論は「医療崩壊を招く恐れが極めて高いから」です。

次の