ホークス 対 スパーズ。 スパーズがホームでのホークス戦17連勝

14

ホークス 対 スパーズ

レディッシュとホワイトの戦いみたいになった4Q序盤は、スティールから速攻に行ったレディッシュを待ち受けたホワイトがテイクチャージ。 com. 2014年5月21日、プレーオフ勝利数111で、歴代1位に• それでもヤングは、成績の低さからホークスがシーズン再開に含まれなかったことを理解しており、「来シーズンはこの場所に居ないようにという強いモチベーションとなる」ともコメントしました。 1980年、NBAに新たにが加盟し、チーム数は23に増加した。 トリオプレーオフ試合数を185、勝利数を120に。 93m 205 lb 93kg ・ ・ ・ 基本情報 その他 Pos 名前 国 年齢 身長 体重 備考 5. : 2015-• DFの状況を見て1対1を狙いながら、トレーラーにパスを出して、トレーラーはそのまま逆サイドのウィングプレイヤーにパスをします。 また数あるビッグスリーの中でも、全員が異なる国籍であるのはスパーズ・ビッグスリーのみである。 一方、これまで多くのプレータイムを戦い疲労が顕わとなったハーデンは、10得点6ターンオーバーと奮わずシーズンを終えた。

次の

ホークスが延長戦で勝利、スパーズ戦の連敗を11で止める

ホークス 対 スパーズ

3月23日の戦、25日の戦と、ホームでの連勝は続き、 開幕からホーム37連勝となり、96年にが達成したNBA記録に並んだ。 12月にミルズ、スプリッターが復帰し、1月にパーカー、レナードが復帰し、状況が上向きになる中、優勝メンバーのをウェイブし、空きのできたロースターへ、シーズン前のに参加しており、傘下のオースティンで好成績を続けていたを加えたが 、2回目のには至らず、とを経て 、シーズン終了までの契約を結んだ。 500 1st. com 2017-0512. 歴史 [ ] 初期ABA時代 [ ] 現在のサンアントニオ・スパーズの原型となったチームは、にNBAに対抗する形で発足したプロバスケットボールリーグ創設と同時にリーグに加盟した11チームの内の1つ、 ダラス・チャパラルズだった。 2018年1月19日閲覧。 そしてサマニッチ、ジョンソンとルーキースケール契約 、ウェザースプーンと2ウェイ契約を結んだ。 一方で前シーズンにリーグ新記録となる 40勝1敗を記録したホームゲームでは、11月1日の第2戦の戦に91-105で落としたのを期に、5日の戦 91-118 、9日の戦 99-101 も落とし、ホームゲーム3連敗でのスタートとなった。 オールNBAファーストチームにダンカンが、2ndチームにパーカーが選出された。

次の

NBA=スパーズ、ホークスに敗れ連勝ストップ

ホークス 対 スパーズ

254 6 ft10 in 2. スパーズといえば、ジャージの色だけでなくプレーも兎に角、堅実地味でプロスポーツらしからぬとの声もあるが、安定度は群を抜いており、2015年現在、シーズン 50勝以上の記録を 16年続けている。 世界最高峰のバスケットボールリーグNBA。 com 2016年05月10日• パーカーは、ペリメーター近辺でピックアンドロールし、カバーディフェンスが遅れた場合には、ドリブルペネトレイトからループ(ティアードロップ)ショットを放つ。 5 1836 2487 73. 難しいのはホークスなのですが、ハーター、ヤング、コリンズと決めていったのに対して、スパーズはパスアウト3Pが6本連続ミス。 がに移籍。

次の

NBA=スパーズ、ホークスに敗れ連勝ストップ

ホークス 対 スパーズ

また、トレーラーのスクリーンの位置が高くなりすぎると、2がシュートを狙うことができないため、エルボーあたりでスクリーンをかけることもポイントです。 この時期に、後に著名なとなるが、プレーヤーとして所属していた。 モリスは代理人のリッチ・ポール氏と別れ、スパーズはニックスが契約を横取りしたことに腹を立てたと伝えられました。 しかしこの成績がオフシーズンに幸運をもたらすこととなった。 com 2017年2月10日. 0 0 2234 80. com 2017年5月10日. 8 677 1847 36. レナード・ザ・クロウの時代 [ ] 19年連続のプレーオフ進出 [ ] は序盤から好調を維持し、勝率8割以上で迎えた、2015年12月7日の戦では、フランチャイズ記録となる 51点差を付けて、119対68で勝利した。 1016 6 ft4 in 1. 768 サウスウエスト1位 1st. ==================== 目次• 更に、人のを1巡目指名獲得した。 3ポイントラインから離れた位置でスクリーナーが来るのを待ち、ピックした瞬間に、バスケットに向かってペネトレイトし、カバーディフェンスをペイントエリアへ集め、ボールを3ポイントライン近辺にいるにキックアウトし、3ポイントショットを放つ。

次の

今日のBS スパーズvsホークス

ホークス 対 スパーズ

一連のモリス騒動の後、最終的にと契約した。 控え inactive PG: 6th man SG: 故障 SF: 4月退団 PF: 故障 C: '2013年プレイオフのデプス ポジション スターター 2nd. トリオのレギュラーシーズン勝利数は、2015年11月1日、での戦の勝利 で、 541勝となり NBA歴代1位となった。 パーカーの怪我により大幅に出場時間を増やしたが期待を上回る活躍を見せたが、ダンカン時代を通じて最低の勝率に終わったが、なんとか50勝は確保し、 50勝以上のシーズンの継続記録を 11年に伸ばした。 主なフォーメーションは以上です。 3rd. 2 1663 2261 73. 0 64 0 0. NBA. : 1999-2000 C 99• 6 118 404 29. ボールを保持したオフェンスをディフェンスに有利なサイドを開けて追い込み、ダブルチームあるいはダンカンに代表される長身ディフェンダーがカバーディフェンスし、ショットを難しいもの(タフショット)にする。 ) は、主力選手は皆30代半ばに入っており、チーム全体に疲弊が見られ、53勝29敗とチャンピオンチームとしてはやや物足りない成績に終わった。

次の

アトランタ・ホークス オフェンスシステム

ホークス 対 スパーズ

がオールNBAセカンドチームに選ばれ 、がNBAオールディフェンシブ・セカンドチームに選出された。 com 2015年2月20日. がホームコート。 遂に14年間続いたビッグスリーの時代に終止符が打たれた。 :2005-2009 C 07• 1 1153 2515 3668 2326 771 333 1589 2103 1980-81 82 52 30 9209 3571 0 0. ガービンはプロデビュー後2年目から引退する前のシーズンまで連続で両リーグの戦に出場、NBAにチームが移ってから3シーズン連続を含め4度となり、チームを牽引した。 更にそこからワイドオープンの3ポイントシューターにパスが送られる。 前シーズンをほぼ全休したが復活したサンズも、シーズン中に12連勝以上を2回記録。 リーグ移行の時期を挟むスパーズ初期のスター選手は、にから獲得しただった。

次の